メインメニューを開く

牧野 平五郎(まきの へいごろう、1864年9月1日(元治元年8月1日[1])- 1928年昭和3年)5月10日[2])は、日本の実業家政治家衆議院議員富山市長

経歴編集

越中国新川郡富山風呂屋町(現富山県富山市堤町通り[3])で、町年寄・牧野正貫(まさつら)の長男として生まれる[1][3]。漢学、数学を修めた[2]。家業の呉服業を営む[2][3]。その他、十二銀行取締役、北陸商業銀行取締役、第四十七国立銀行取締役、富山電灯取締役、中越鉄道取締役、北陸生命保険取締役、富山鉄道取締役、富山米穀肥料取引所監査役、富山商業会議所副会頭などを務めた[1][2][3]。また、富山実業新聞を創刊した[2]

政界では、1892年5月、富山市会議員に選出され、18年間在職し、同議長、富山県会議員、同議長も務めた[1][2][3]1903年3月、第8回衆議院議員総選挙に富山県富山市から出馬して当選し、その後、第10回総選挙でも再選され、衆議院議員を通算二期務めた[2][3]

1919年2月17日、富山市長に就任し、市長を三期務めて在任中に死去した[1]。この間、教育、産業の振興に尽力[1][3]。電車の市営化、市庁舎・学校の新設・改築、青年団・婦女会の設置、方面委員制度の実施などを行った[1][3]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 『日本の歴代市長』第2巻、128頁。
  2. ^ a b c d e f g 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』585頁。
  3. ^ a b c d e f g h 『富山大百科事典 下巻』884-885頁。

参考文献編集

  • 『富山大百科事典 下巻』北日本新聞社、1994年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第2巻、歴代知事編纂会、1984年。