「沼津藩」の版間の差分

 
== 略歴 ==
沼津城に初めて本拠を置いた近世大名は、[[相模国|相模]][[小田原藩]]主[[大久保忠隣|大久保相模守忠隣]]の叔父に当たる[[大久保忠佐|治右衛門忠佐]]である。忠佐は[[慶長]]6年([[1601年]])の入封からわずか12年後の慶長18年([[1613年]])に死去し、嫡子の[[大久保忠兼|因幡守忠兼]]も同年に父に先立って死去していたため、無嗣断絶で[[改易]]となった。そのため、大きな事跡は残されていない。
 
その後、沼津の地は[[駿府藩|駿河府中藩]]が置かれたときはその領地となり、それ以外の時期は幕府領となり、城も破却された。
 
沼津に再び大名の本拠が置かれるのは[[安永]]6年([[1777年]])、水野出羽守忠友が[[三河]][[大浜藩]]より転封してきた事による。忠友は[[享保]]10年([[1725年]])に殿中刃傷により改易となった[[信濃国|信濃]][[松本藩]]主・[[水野忠恒 (大名)|水野隼人正忠恒]]の従兄弟であり、[[寛保]]2年([[1742年]])に忠恒の名跡を継いだ父[[水野忠穀|出羽守忠穀]]の跡を継ぎ、[[明和]]5年([[1768年]])に加増により大浜で1万3000石を領して大名に復帰していた。沼津転封後幕府の命により当地に築城したのである。
 
第2代藩主・水野忠成は[[徳川家斉]]時代に[[老中]]として権勢を奮い、[[田沼意次]]以上に賄賂を横行させる「賄賂政治」を行なった人物として有名である。そのため第3代藩主・水野忠義や第4代藩主・水野忠武は[[天保の改革]]を行なった[[水野忠邦]]から家斉派に対する粛清として、様々な普請を負担するという報復を受けた。
匿名利用者