「アイル・テネレ自然保護区」の版間の差分

m
テンプレート化。
m
m (テンプレート化。)
 
== アイル山地 ==
''より詳しくは[[{{main|アイル山地]]を参照。''}}
 
アイル山地はニジェールにある[[花崗岩]]質の山地。年平均の降水量は75 - 160mmと非常に少ないが、山地のあちこちの湧き水のおかげもあって、植物相、動物相とも周辺の砂漠地帯よりも豊かなものとなっている。この自然保護区の生物はほとんどがこの山地とその境界に生息している。
 
== テネレ ==
{{main|テネレ}}
''より詳しくは[[テネレ]]を参照。''
 
テネレは、[[サハラ砂漠]]の南の一部区域を指す呼称である。テネレ砂漠と呼ばれることもあるが、元々「テネレ」はトゥアレグの言葉で「砂漠」の意味である。かつては緑豊かな場所だったが、紀元前2500年前頃までには、現在のような砂漠になった。
3,544

回編集