Wikipedia Administrator.svg

管理者(英語: Administratorの訳、システムオペレーター、シスオペ、sysopとも)とは、ウィキペディア日本語版の使用しているソフトウェア(MediaWiki)において通常の利用者には制限された一部の操作を行う権限を持った利用者グループです。システム管理者 (sysadmin) とは異なります。

現在のウィキペディアのルールでは、コミュニティからの信任投票にて一定の信任を得れば管理者になることができます。管理者は、登録利用者一覧で「(管理者)」と表記されます。また、管理者一覧にも表示されます。

管理者への個別の要請をどこで行えばいいかについては、管理者への依頼をご覧ください。

どのようなことができるのか

MediaWikiで制限がかかっている機能はわずかなものですが、これらは大変重要であるため、コミュニティの信頼を得た一部の利用者にのみ操作できるようになっています。なお、管理者はこれらの操作を物理的に行える利用者です。これらの操作は方針によって使用範囲が決められており、方針により認められている場合、および操作の必要性が誰の目にも明らかな場合にのみ行うことができます。よって、管理者は操作を行うかどうか決定する利用者ではありません。方針では、これらの操作は原則として、利用者からの依頼と利用者間の合意形成を経た後に実行されることとなっています。

管理者およびその他の利用者グループに割り当てられている権限の最新情報については特別:利用者グループの権限一覧をご覧ください。

ページの保護と解除

  • ページの保護および保護解除を行うことができます(保護についてはWikipedia:保護参照)。保護および保護解除の記録は特別:Log/protectにあります。
  • 全保護されているページを編集することができます。

ユーザーインターフェイス

編集画面の下に表示される注意書きなど、様々なところに使用されているシステムメッセージを変更できます(Help:システムメッセージ参照)。

ページの削除と復帰

  • ページと付属する履歴を全ての版、または一部の版について削除することができます(削除についてはWikipedia:削除参照)。ページと同様にファイルも削除することができます。削除の記録は特別:Log/deleteにあります。
  • 削除されたページまたは版を閲覧することができます。また、削除されたページまたは版を復帰することができます。ただし、2006年6月18日以前に削除された画像に関しては復帰ができません。

ページの巻き戻し

ページを以前の版に差し戻すことは管理者でなくても行えますが、管理者はこれをより迅速に行うことができます(Help:以前の版にページを戻す方法参照)。これにより連続投稿の荒らしへの対処を迅速に行うことができます。

また、ページの差し戻しの強力なものとして投稿した記録を最近更新したページから隠すことができます。これは利用者の投稿記録のURLに &bot=1 をつけ、巻き戻しを行うことで可能となります。これは記事の変更に対して使用するものではなく、大量に無意味なものをペーストしたり、要約欄に他の利用者に不快なコメントを書いたりした投稿を隠すために使用するものです。

投稿ブロックと解除

荒らし行為への対策として投稿ブロック(禁止)とその解除を行うことができます(投稿ブロックについてはWikipedia:投稿ブロック参照)。ブロックの記録は特別:Log/blockにあります。

ブロックされた利用者は、ページの編集をクリック、あるいはすでに開いたページで投稿・プレビューのいずれかを行った際に、どのような理由で投稿をブロックされたのかが表示され、編集が行えなくなります。ウィキメールなどで管理者に連絡することは通常、可能です。現在ブロックされているIPアドレスおよび利用者の一覧は特別:ブロックの一覧にあります。

一般の参加者とどう違うのか

執筆者、編集者としては管理者は特別な存在ではありません。管理者の執筆した記事であっても、改善の余地があれば、誰でも加筆修正などして構いません。

プロジェクトの運営についても、それほど特別な存在ではありません。ウィキペディアがどうあるべきか、どんなポリシーが採用されるべきかなどについても、一般の利用者の意見よりも管理者の意見の方が重要だということはありません。

法的問題が起こったときに責任を負わされるリスクは管理者の方が多少高いと思われます。そこで、法に関わる問題については管理者の意見を多少真剣にとるのもよいかも知れません。ですが、そのような事情を理由に管理者が他の人の意見とはかけはなれた強硬な主張をするようなら、その人には管理者をやめてもらい、もっと一般利用者の意見をよく反映できるような別の管理者を選ぶのが得策でしょう。

管理者となるには

まず、Category:ウィキペディアの方針Category:ウィキペディアのガイドラインにあるページに目を通してください。どの文書にどんなことが書かれているか、把握しておくことは大切です。とりわけ管理者として知っておくべき文書群は良く読んで理解に努めてください。

各種の依頼ページを見て、管理者の仕事を理解してください。可能であれば、方針文書に照らし合わせながら、各種依頼に賛否をつけたりコメントを投じたりしてみましょう。

管理者の仕事がだいたい理解できて、これなら手伝えそうだと思える仕事があったら、立候補してください。管理者への立候補の手順はWikipedia:管理者への立候補を見てください。立候補した利用者には他の利用者からの質疑応答の後、信任投票が行われます。

特定の仕事のみに絞って手伝いを行いたいと思う場合、予め機能を限定した巻き戻し者削除者インターフェース管理者に立候補することもできます。詳細は各ページを参考してください。

管理者への立候補を考える際のチェックリスト

管理者に立候補するには、アカウント作成後、ある程度活動していることが求められます。それ以上の立候補資格は具体的には決まっていませんが、これまでの信任投票の質疑とコメントのログを見ると、どんなことが求められているか分かります。 以下、立候補を考えるときのチェックリストを示します。

初めての編集から3か月以上たっていますか?
過去5年間に、ウィキペディア日本語版における初めての編集から立候補時点までの期間が3か月未満の候補者で信任された人はいません。
総編集回数は500回以上ありますか?
過去5年間に、立候補した時の総編集回数が500回未満の候補者で信任された人はいません。500回でも少ないと考える人がいます。なお、あなたのアカウントで何回編集を行っているかは個人設定で確認することができます。
Category:ウィキペディアの方針Category:ウィキペディアのガイドラインにある重要なページは精読しましたか?
方針ガイドラインにはどんなものがあるか、十分理解していないと、管理者として活動するのは難しいです。
Wikipedia:管理者が心得るべき文書の一覧も精読して下さい。
もし他の利用者と衝突した場合、冷静・慎重に議論できますか?
管理者に限ったことではありませんが、誰かと衝突したり非難されたりしたときに、冷静さを失って暴言を書いてしまうと、困難な状況に陥ります。
成年に達していますか?
立候補者が日本国民の場合、日本国民法第4条に規定されている20歳をもって成人とします。
管理者は成人年齢に達しているべきだと考える人もいます。そのため、未成年者が立候補すると「立候補にあたって、保護者の方に相談しましたか?」「立候補することについて、保護者の方の許可は貰っていますか?」という質問が続くかもしれません。
Wikipedia:内容に関する免責事項も精読して下さい。
立候補の手順は分かりますか?
まず、この手続きが最後まできちんとできないと、信任は難しいです。説明や過去ログをよく読んで、手続きを進めましょう。

※さて、上記の質問にどのくらい「はい」と答えられましたか?「いいえ」が混じっていても立候補は可能ですが、「いいえ」がある場合は管理者への立候補はもう少し後にしたほうが良いかもしれません。

臨時の管理者

大規模な荒らしなどに対処するために、ビューロクラットの判断、または ビューロクラット不在の場合は利用者の判断でスチュワード (Steward) への要請を行い、臨時の管理者 (temp sysop) をおくことがあります。臨時の管理者が行動した際には後ほど報告をしてください。 臨時の管理者とする利用者は次の優先順位に従って選びます。

  1. スチュワード(一覧
  2. 以前、日本語版で管理者であり、問題があって罷免されたのではない利用者
  3. 他言語版の管理者
  4. その他、事態に際して、ビューロクラットまたは管理者が適切と判断したもの

スチュワード権限がある利用者は機能上、いつでも臨時の管理者として権限を行使することが出来ます。これ以外の利用者はビューロクラット(またはスチュワード)が権限付与の操作を行います。応援のために臨時の管理者となった利用者は、その目的の範囲内で機能を行使します。応援が必要となる問題が収束したと判断されたときには臨時の管理者は解任され、付与された権限は除去されます。応援を呼んだ時には、例え事後であってもWikipedia:お知らせなどで説明するよう努めてください。

関連する議論

管理者をやめるとき

管理者がやめるには大きく3つの場合があります。

  1. 辞任 - 自分の意思で管理者権限を返上する場合。
  2. 自動退任 - 長期にわたって編集も権限行使も行っていない場合。
  3. 解任 - コミュニティの要望(解任投票)で管理者権限を剥奪する場合。

メーリングリスト

日本語版の管理者で構成されるメーリングリストがあります。井戸端BBS(現在は消滅)での議論に基づき設置されました。@lists.wikimedia.orgのシステムを利用しています。

メーリングリストに流れるメールの内容は、管理者操作変更時の注意や、緊急削除の報告、荒らしなどを通報したことの報告などです。メンバーが@lists.wikimedia.orgにログインすれば過去ログを読むことが出来ます。なお、削除者が創設されて以降は、管理者・削除者で共有すべきメールは管理者・削除者共通MLに流れるようになりました。

原則として、管理者に就任すれば参加し、退任すれば退会することになります。新たに就任した管理者は、メーリングリストで使いたいメールアドレスをメーリングリストの世話役またはモデレータに伝えてください。 未登録の管理者、あるいは未退会の元管理者に気づいた方は、リスト管理人アドレスにお知らせください。

配信不能が続く場合
一定期間の配信不能が続くと、mailmanのソフトウェアはそのメールアドレスを自動退会させることがあるようです。「最近、管理者MLからの配信がないなあ」と思われたら、ログインする、もしくは世話役/モデレータまで問い合わせるなどして状態をご確認ください。

管理者一覧

現在の管理者

2021年2月28日現在、以下の40名が管理者グループに属しています(うちビューロクラット5名、チェックユーザー5名、オーバーサイト4名、それぞれ管理者との兼任)。この表はアルファベット順、漢字・カナの場合は五十音順に並べられており(左端の番号)、記されている日付は管理者への就任日(UTC)です。 を押すと、それぞれの列の昇順・降順で並び替えることができます。利用者名順(文字コード順)の一覧は、特別:登録利用者の一覧/sysopでも見ることができます。

臨時の管理者

現在はいません。

過去の管理者

以下は、過去に管理者であった利用者です。最後の辞任・退任・解任の日付が古い順に並べられています。

関連項目