「金指駅」の版間の差分

** [[1940年]](昭和15年)[[6月1日]] - 二俣西線が[[遠州森駅|遠江森駅]]まで延伸、二俣線に改称。
** [[1985年]](昭和60年)[[3月14日]] - 貨物の取扱を廃止。二俣線内で最後まで貨物取扱を行っていた。
*** 駅南東にあった[[静岡県経済農業協同組合連合会|JA静岡経済連]]の施設へ[[専用鉄道|専用線]]が続き、[[ホッパ車]]が到着していた。また、北側の山を通り抜けた場所に[[1984年]]まであった住友セメント(現在の[[住友大阪セメント]])浜松工場へ続く専用線も存在した(工場の跡地は現在[[スズキ精密工業]])。現在も専用線跡にはトンネル、橋梁が残っている
** [[1987年]](昭和62年)[[3月15日]] - 二俣線が[[第三セクター鉄道]]に転換され、天竜浜名湖鉄道の駅となる。