「山の手」の版間の差分

 
== 実例 ==
[[東京]]においては、[[武蔵野台地]]の東端を「山の手」と呼び、この地域を走る[[東日本旅客鉄道|JR東日本]]の'''[[山手線]]'''(やまのてせん<!--、正式な線路名称としての区間は[[品川駅]]~[[代々木駅]]~[[田端駅]]-->)や、都道環状6号線の通称'''[[東京都道317号環状六号線|山手通り]]'''(やまてどおり)などの名称の由来となった。
 
この地形から転じて、山手線や山手通りが走る地域の市街地を指して使われることが多く、「山の手のお嬢さん」、「山の手のお屋敷」のように用いられ、[[下町]]と対をなす。なお、東京における市街地としての山の手の成り立ちや下町との関係については[[東京市街の変遷]]に記述する)を参照のこと
 
同じ意味を持つ他地域の地名としては、[[北海道]][[札幌市]][[西区 (札幌市)|西区]]、大分県別府市に「山の手」という住所表示がある。[[愛知県]][[名古屋市]][[昭和区]]には「山手通」という住所表示がある。
匿名利用者