「マリオ・ハース」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 略歴 ==
[[1993年]]、[[サッカー・ブンデスリーガ (オーストリア)|オーストリア・ブンデスリーガ]]に属す[[SKシュトゥルム・グラーツ]]に入団。その後、同クラブの監督に就任した[[イヴィツァ・オシム]]の指揮の下で、クラブの黄金時代を築くメンバーの一人となった(一時期、[[フランス]]の[[RCストラスブール]]にも所属)。
 
1993年に[[サッカー・ブンデスリーガ (オーストリア)|オーストリア・ブンデスリーガ]]に属す[[SKシュトゥルム・グラーツ]]でプロデビューを果たしたハースは、[[イヴィツァ・オシム]]監督の下、ほぼ同時期に同じクラブに所属していた[[イヴィツァ・ヴァスティッチ]](後に[[名古屋グランパス]]でプレー)と共にゴールを量産、クラブの黄金時代を築いた。
 
[[UEFAチャンピオンズリーグ]]本大会、[[UEFAカップ]]本大会、[]1998年]][[1998 FIFAワールドカップ|FIFAワールドカップ・フランス大会]]等への出場を果たしたハースは、恩師であるオシム監督に誘われ[[2005年]]からは[[日本プロサッカーリーグ|Jリーグ]]・[[ジェフユナイテッド市原・千葉]]でプレー。
 
[[2005年]]からは[[日本プロサッカーリーグ|Jリーグ]]・[[ジェフユナイテッド市原・千葉]]でプレー。
[[2006年]]、ナビスコカップ決勝で負った靭帯負傷(前十時靭帯損傷)の治療の為、11月14日に[[オーストリア]]に帰国。そのまま[[ジェフユナイテッド市原・千葉]]より退団した。
その後、[[2007年]]に古巣の[[SKシュトゥルム・グラーツ]]に復帰。
1,818

回編集