「天地開闢 (日本神話)」の版間の差分

(いざなき→いざなぎ(イザナギおよび他の記事の記載にあわせる))
*[[ウマシアシカビヒコヂ|宇摩志阿斯訶備比古遅神]] (うましあしかびひこぢのかみ)
*[[天之常立神]] (あめのとこたちのかみ)
この五柱の神は、特に性別はなく、独身のままに子どもを生まずに身を隠してしまった。それゆえに、これ以降表だって神話には登場しないが、根元的な影響力を持つ特別な神である。そのため'''[[別天神]]'''(ことあまつかみ)と呼ぶ。
 
次に、また二柱の神が生まれた。
41

回編集