メインメニューを開く

イザナギ[1]またはイザナキ[2](伊邪那岐/伊弉諾/伊耶那岐)は、日本神話に登場する男[3]。『古事記』では伊邪那岐神、伊邪那岐命、『日本書紀』では、伊弉諾神と表記される。イザナミ(伊邪那美、伊弉冉、伊耶那美、伊弉弥)の兄[4][5][6][7]であり夫。

伊邪那岐命
天瓊を以て滄海を探るの図(小林永濯・画、明治時代
右がイザナギ、左がイザナミ。二人は天の橋に立っており、矛で混沌をかき混ぜて島(日本)を作っているところ

神世七代 第七代
先代 淤母陀琉神

神祇 天津神
全名 伊邪那岐命
別名 伊邪那岐神、伊弉諾尊
神格 国産みの神
なし
配偶者 伊邪那美命
三貴神等(国生み神生みを参照)
多賀宮(多賀大社)
神社 多賀大社伊弉諾神宮 など
テンプレートを表示

アマテラススサノオ等多くの神の父神であり、神武天皇の7代先祖とされている。

概要編集

天地開闢において神世七代の最後に伊邪那美命とともに生まれた。そして高天原神々に命ぜられ、海に漂っていた脂のような国土を固めるべく、天の浮き橋から天沼矛で海をかき回し、出来上がった淤能碁呂島にて伊邪那美命と結婚した。国産み神産みにおいて伊邪那美命の間に日本国土を形づくる多数の子を儲ける[3]。その中には淡路島をはじめ大八洲(本州四国九州等)の島々、石・木・海(大綿津見神)・水・風・山(大山津見神)・野・火など森羅万象の神が含まれる。

伊邪那美命が、火の神である火之迦具土神(軻遇突智)を産んだために陰部火傷を負って亡くなった[3][7]。伊邪那岐命が伊邪那美命の遺体にすがって泣いていると、彼の涙から泣沢女神が生まれた。その後伊邪那岐命は火之迦具土神を殺し(その血や死体からも神が生まれる)、出雲と伯伎(伯耆)の国境の比婆山に埋葬した。なお日本書紀には伊邪那美命の生死や埋葬場所について異伝がある。

伊邪那岐命は、伊邪那美命に逢いたい気持ちを捨てきれず、黄泉国(よみのくに)まで逢いに行った。黄泉の火で調理した料理を食べてしまった伊邪那美命は最初こそ夫の勧めを断るが、やはり愛しい夫が逢いに来てくれたことだから自分も帰りたいと考え、黄泉津神たちと話し合うことにするが、その間は「決して覗いてはいけない」と言った。しかしいつまで経っても伊邪那美命が帰って来ないため、伊邪那岐命は妻との約束を破ってしまうが、そこで見てしまったのは、腐敗して蛆にたかられ、八雷神(やくさのいかづちがみ)に囲まれた最愛の妻の姿であった。その姿を恐れて伊邪那岐命は地上へ向かって逃げ出してしまう[3][7]。追いかけてくる八雷神、予母都志許女(よもつしこめ)に髪飾りから生まれた葡萄、櫛から生まれた、黄泉の境に生えていたの木の実(意富加牟豆美命、おほかむづみ)を投げながら難を振り切った。

最後に伊邪那美命が追って来たが、伊邪那岐命は黄泉国と地上との境である黄泉比良坂(よもつひらさか)の地上側出口を千引きの岩とされる大岩で塞ぎ、伊邪那美命と完全に離縁した。岩の向こうから伊邪那美命が「お前の国の人間を1日1000人殺してやる」と言うと[7]、伊邪那岐命は「それならば私は産屋を建て、1日1500の子を産ませよう」と言い返した。

その後、伊邪那岐命が黄泉国の穢れを落とすために「筑紫日向の橘の小戸の阿波岐原(檍原)」でを行なうと様々な神が生まれた。最後に、左眼から天照大御神、右眼から月読命、鼻から建速須佐之男命三貴子が生まれた[8]。伊邪那岐命は三貴子にそれぞれ高天原・夜・海原の統治を委任した。

しかし、須佐之男命が母親のいる「妣国根之堅州国」へ行きたいと言って泣き止まないため須佐之男命を追放し、自身は淡道の多賀の幽宮に篭った。

幽宮について編集

和銅5年(西暦712年)編纂の『古事記』の写本のうち真福寺本には「故其伊耶那岐大神者坐淡海之多賀也」「伊邪那岐大神は淡海の多賀に坐すなり」との記述があり、これが多賀大社の記録だとする説があるが、『日本書紀』には「構幽宮於淡路之洲」「幽宮を淡路の洲に構りて」とある。つまり国産み・神産みを終えた伊弉諾尊が、最初に生んだ淡路島の地に幽宮を構えたとある。そもそも後の近江は淡海ではなく近淡海と書くこともあり、真福寺本の「淡海」は「淡路」の誤写であった可能性が高いと考えられる。

名前の由来編集

以下の諸説があり、定説はない。

  1. 「いざな」は「誘う(いざなう)」の語根で、「ぎ」は男性を表す語(本居宣長古事記伝』1798年)。
  2. 「いさ」は「功徳」の意の「功(いさを)」の語根で、「き」は男性を表す語(白鳥庫吉『神代史の新研究』岩波書店1954年)。
  3. サンスクリットの「伊舎那天(いしゃなてん)」、「伊舎那后(いしゃなくう)」から(北畠親房神皇正統記』1339年頃)。神仏習合を参照。

祀る神社編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 伊弉諾尊/伊邪那岐命 イザナギノミコト”. デジタル大辞泉. コトバンク. 2016年9月20日閲覧。
  2. ^ 平藤 2013a, 80-81ページ(イザナキ)
  3. ^ a b c d 平藤 2013a, 80ページ(イザナキ)
  4. ^ 西郷信綱 『古事記研究』, 62ページ
  5. ^ 保坂達雄『文学の誕生 シリーズ・古代の文学3「兄と妹」』武蔵野書院、1977年、163ページ。ISBN 978-4-8386-0029-8
  6. ^ 桐村英一郎『古代の禁じられた恋 - 古事記・日本書紀が紡ぐ物語』森話社、2014年、159ページ。ISBN 978-4-86405-069-2
  7. ^ a b c d 平藤 2013b, 81ページ(イザナミ)
  8. ^ 平藤 2013a, 81ページ(イザナキ)
  9. ^ 伊弉諾神宮” (日本語). 伊弉諾神宮. 2017年6月23日閲覧。
  10. ^ おのころ島神社 由緒” (日本語). おのころ島神社. 2017年6月23日閲覧。
  11. ^ a b c d e f 『八百万の神々 - 日本の神霊たちのプロフィール』p.83,303
  12. ^ 『日本の神々の事典』p.42
  13. ^ 常陸國總社宮総社宮について” (日本語). 常陸國總社宮. 2017年6月23日閲覧。
  14. ^ 亀崎ばやし” (日本語). 四街道市. 2017年6月24日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集