「ミスラ」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
 
また、[[マニ教]]においては光明神としての性格が強調され、太陽と同一視された結果、ソグド語で[[日曜日]]の事もミールと呼ぶようになった。
 
== 日本 ==
 
この曜日名としての「ミール」は[[宿曜道]]とともに[[平安時代]]の日本にも伝えられ、当時の[[具註暦]]では、日曜日に「密」「みつ」「みち」(いずれもミールの漢字での音写)などと朱書きされていた。
618

回編集