「鉄環絞首刑」の版間の差分

編集の要約なし
m
[[Image:Garrote Execution - 1901.png|thumb|right|1901年に[[フィリピン]]で行われた様子。]]
'''鉄環絞首刑'''([[スペイン語]]:Garrote、ガローテ)とは[[椅子]]に座らせた[[死刑囚]]の首を鉄の輪で絞めて後ろを捻ることで首を絞める[[絞首刑]]の一種である。また、[[拷問]]道具としても使用される。
[[スペイン]]の公式な[[死刑]]執行法として[[1978年]]に憲法改正により死刑制度が廃止されるまで使用されていた。また、スペインの[[植民地]]でも行われていた。[[フィリピン]]ではスペインの植民地からアメリカの植民地に変わった後も1926年に[[電気椅子]]が導入されるまで使用されていた。
 
また、[[フィリピン]]などのスペインの[[植民地]]でも行われていた。
 
スペインで最後の使用は、[[1974年]][[3月2日]]に[[アントニオ・ロペス・シエラ]]が[[サルバドール・プッチ・アンティック]]に執行したのと、[[ホセ・モレノ]]が[[ハインツ・チェス]]に執行したものである。
 
かなり残酷な方法であり、映画『[[サルバドールの朝]]』の中でサルバドール・プッチ・アンティックへ執行される様子が詳細に再現されている。
 
==関連項目==
*[[スペインにおける死刑]]
*[[フィリピンにおける死刑]]
 
{{commonscat|Garrote}}