「寺島靖国」の版間の差分

編集の要約なし
'''寺島靖国'''(てらしまやすくに、[[1938年]][[2月11日]] -)は、[[ジャズ]]評論家。[[東京都]][[中野区]]出身。[[吉祥寺]]のジャズ喫茶「Meg(メグ)」のオーナー兼マスターとして知られる人物であるが、ジャズとオーディオに関する著書も多数ある。
 
[[東京都立杉並高等学校]]を経て[[早稲田大学]][[文学部]]独文科卒。1970年にジャズ喫茶「Meg」を開店。その後ジャズに関する著述業を初め、処女作「辛口! JAZZノート」で好評を得て以来、印税収入を元にオーディオ探求にも取り組み、そちらに関する考察も多くもの発表している。以降、ジャズ雑誌やオーディオ雑誌などに評論やエッセイを発表している。
 
日本のジャズ趣味・評論の世界で主流である黒人プレイヤー偏重、プログレッシブ志向、芸術性賞揚といった極端な硬派傾向とは一線を画しており、「聴いて楽しい」ことを重視する主義の持ち主。1950年代の白人ジャズや女性ポピュラーボーカルなど、コマーシャリズム偏重を理由に主流派の硬派ジャズファンから軽視・蔑視されがちな種類の絶版作品を積極的に紹介、それら「知られざる作品」を日本でCDとして再リリースすることにも携わっている。ジャズ界の主流から外れることを意に介さず、「趣味に忠実な」辛口批評を躊躇しないポリシーにはジャズファンの間でも賛否両論がある。
匿名利用者