「渋川義長」の版間の差分

編集の要約なし
'''渋川 義長'''(しぶかわ よしなが、不明-[[天文]]3年([[1534年]]))は、[[戦国時代]]前期の[[武将]]。[[室町幕府]]の最後の[[九州探題]]。[[本姓]]は[[源氏]]で[[足利氏]]の一門[[渋川氏]]の出身。父は[[渋川尹繁]]。兄弟に[[渋川義長|渋川尭顕]]?。
 
[[永正]]元年([[1504年]])、父尹繁より九州探題職を譲り受けたとされる。その後の[[天文]]2年([[1533年]])に長年の庇護者であった[[大内氏]]を裏切り、逆に長年の宿敵であった[[少弐氏]]に通じた為、大内軍の攻撃に晒された。翌[[天文]]3年([[1534年]]、大内軍によって肥前朝日山城を落とされ自害した。義長の死によって、渋川氏嫡流は滅亡し、同じく九州探題も途絶することとなった。
 
== 渋川尭顕 ==
(しぶかわ たかあき、不明-[[天文]]3年([[1534年]])?)は、[[戦国時代]]前期の[[武将]]。最後の[[九州探題]]とされる人物。
義長の弟とも従兄弟とも甥ともいわれるが、その名は郷土史にのみ現れる。[[天文]]3年([[1534年]]、義長が戦死すると九州探題を称して挙兵し、同年中に筑前姪浜の興雲山で大内勢に敗れ戦死したと伝わる。
 
匿名利用者