メインメニューを開く

渋川 義長(しぶかわ よしなが)は、戦国時代武将九州探題。父と同じく、室町幕府10代将軍足利義稙より偏諱を受けて、初めは稙直、のちに足利将軍家通字[1]を下賜され義長と名乗る[2]

 
渋川義長
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 天文3年(1534年
改名 稙直(初名)→義長
幕府 室町幕府 九州探題肥前守護?
氏族 渋川氏
父母 父:渋川尹繁
兄弟 義長義陸?、尭顕?

生涯編集

室町幕府九州探題・渋川尹繁の子として誕生。

永正元年(1504年)、父・尹繁より肥前国守護職と九州探題職を譲り受けたとされる。

天文2年(1533年)、庇護者であった大内義隆を裏切り、宿敵であった少弐資元に通じたため、大内軍の攻撃に晒された。

天文3年(1534年)、大内軍によって朝日山城を落とされ自害した。義長の死によって、肥前における渋川氏は滅亡し、同じく九州探題も途絶することとなった。

脚注編集

  1. ^ 「義」の一字。
  2. ^ 義長が「稙直」と名乗ったのは永正10年(1513年)から同18年(1520年)の間とみられる(『承天寺文書』によれば同14年の段階で「稙直」を名乗っていた[1])。