「全日本居合道連盟刀法」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''全日本居合道刀法'''(ぜんにほんいあいどうとうほう)とは、[[全日本居合道連盟]](全居連)が[[1956年]](昭和31年)に制定した[[居合道]]形のことである。'''全居連刀法'''あるいは単に'''刀法'''とも呼ばれる。
 
形の内容は、5流派から業を一本づつ採用しており、各流派を折衷をはかった[[全日本剣道連盟居合]]とは、対照的である。
 
全日本居合道連盟から分かれた大日本居合道連盟では、[[1988年]](昭和63年)に2本の業(幹竹、雁金)を加えた。
 
== 形の内容 ==
昭和31年制定時の内容
 
*1本目 前切り    [[無双直伝英信流]]
*2本目 前後切り   [[無外流]]
*3本目 切上げ    [[神道無念流剣術|神道無念流]]
*4本目 四方切り   [[水鴎流]]
*5本目 切先返し  [[片山伯耆流|伯耆流]]