「続拾遺和歌集」の版間の差分

m
編集の要約なし
(Cat)
m編集の要約なし
『'''続拾遺和歌集'''』(しょくしゅういわかしゅう)は、[[建治]]2年([[1276年]])、[[亀山上皇]]の命によって編纂された12番目の勅撰[[勅撰和歌]]。20巻。撰者は[[二条為氏]]。歌人は[[後嵯峨上皇]]、[[藤原為家]]、[[藤原定家]]、[[西園寺実氏]]、[[藤原俊成]]、[[藤原信実]]などで、約1500首を収める。序がなく、また[[武士]]の歌も収録されているという。
{{文学}}
『'''続拾遺和歌集'''』(しょくしゅういわかしゅう)は、[[建治]]2年([[1276年]])、[[亀山上皇]]の命によって編纂された12番目の勅撰[[和歌]]集。20巻。撰者は[[二条為氏]]。歌人は[[後嵯峨上皇]]、[[藤原為家]]、[[藤原定家]]、[[西園寺実氏]]、[[藤原俊成]]、[[藤原信実]]などで、約1500首を収める。序がなく、また[[武士]]の歌も収録されているという。
 
{{勅撰集}}
 
{{lit-stub}}
{{DEFAULTSORT:しよくしゆういわかしゆう}}
[[Category:鎌倉時代の歌集]]
 
{{lit-stub}}
[[en:Shokushūi Wakashū]]