「亡霊」の版間の差分

(+出典あり情報。 独自の研究は要出典を挿入しコメントアウト )
== 比喩的用法 ==
亡霊という言葉は、かつてある時代に隆盛し、流布された[[思想]]・[[主義主張]]・社会組織、国家体制など(あるいは[[虚言]]・[[風説]]に至るまでの[[社会現象]])が、時間経過と共に廃れて忘れ去られた頃に、降って湧いたようにその事象が散見されるようになった時、その事象が突然現れたことやぶり返したことに対しての[[比喩]]としても用いられる。
:例えば、「ファシズムの亡霊<ref>『広辞苑 第五版』【亡霊】</ref>」といった表現である。また例えば、かつて[[イギリス帝国]]にあった[[アメリカ合衆国]]に[[イギリス|英国]]の[[エリザベス2世 (イギリス女王)|エリザベス女王]]が訪れる際、旧宗主国の君主を迎え入れる旧植民地の一国として、[[敬称]]をどのようにするか[[アメリカ合衆国議会|議会]]で協議した事を指し、「英国におもねって、マム(Mam)と呼称するのは、大英帝国の[[帝国主義]]の亡霊だ」というように使われる。
 
==出典==