「日産・マイクラC+C」の版間の差分

(ウィキメディア・コモンズリンク。)
 
==概要==
2列4人乗り。当初は[[ヨーロッパ]]市場のみでの販売で、トランスミッションはATとMT、エンジンは1.4L([[日産・CRエンジン|CR14DE]])・1.6Lガソリンエンジン、1.5L(K9K)[[ディーゼルエンジン]]が搭載された。2007年には日本への輸入開始、生産は[[英国日産自動車製造]]会社で、2007年モデルを日本向けに仕様を変更したものが1,500台が輸入され、{{CURRENTYEAR}}2010{{CURRENTMONTH}}3月現在も販売中である<ref>[http://www2.nissan.co.jp/MICRA/K12/0706/index.html MICRA C+C 在庫状況] 日産公式サイト</ref>。日本仕様は、ATとMTのトランスミッション、1.6Lのガソリンエンジン、駆動方式は2輪駆動のみが用意される。
 
開発費用は1億4,600万ユーロ<ref>[http://www.nissan-global.com/JP/NEWS/2005/_STORY/050615-02-j.html 日産自動車、新型「マイクラC+C」を披露] 2005.6 日産自動車プレスルーム</ref>で、ルーフは[[ドイツ]]、[[カルマン (自動車)|カルマン]]社と共同開発した。なお、スタイリッシュガラスルーフはカルマンの製造となっており、約22秒での開閉が可能である。
 
==歴史==
9,584

回編集