「伊谷純一郎」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎エピソード: 勘違いか。)
'''伊谷 純一郎''' ('''いたに じゅんいちろう'''、[[1926年]][[5月9日]] - [[2001年]][[8月19日]])は、日本の[[生態学]]者、[[人類学]]者、[[霊長類学]]者。[[京都大学]][[名誉教授]]。[[理学博士]](京都大学、1962年)。[[今西錦司]]の跡を継ぎ、日本の[[霊長類]]研究を世界最高水準のものとした。[[鳥取県]][[鳥取市]]生まれ。
 
== 人物 ==
 
 
当初は大分県[[高崎山]]のニホンザルの生態研究を行い、著作『高崎山のサル』(1954年)で[[毎日出版文化賞]]を受賞した。その後、1950年代末からアフリカにおいてチンパンジーやゴリラの生態を追い続け、これら霊長類の世界に大きな社会構造が存在することを世界に先駆けて解明した。その過程にて、世界ではじめて野生のサルの餌づけに成功したことでも知られる。
[[Category:日本の生物学者]]
[[Category:紫綬褒章受章者]]
[[Category:京都大学の教員]]
[[Category:神戸学院大学の教員]]
[[Category:鳥取県出身の人物]]
[[Category:1926年生]]
192

回編集