「国鉄170形蒸気機関車」の版間の差分

{{福井鉄道の車両}}、導入部・cat.ソートキー修正、{{告知|質問}}
({{福井鉄道の車両}}、導入部・cat.ソートキー修正、{{告知|質問}})
{{告知|質問|一部の車歴について}}
'''国鉄170形蒸気機関車'''(こくてつ170がたじょうききかんしゃ)<!--PJ:RAIL指針により、JR化後にも製造されている国鉄・JR車両以外は書き出しに社名を付す。-->は、かつて[[日本国有鉄道]]の前身である[[鉄道省|鉄道院]]に在籍した[[タンク機関車|タンク式]][[蒸気機関車]]である。もとは、[[1903年]](明治36年)に、[[西成鉄道]]が[[汽車製造]]から購入したもので、[[1906年]](明治39年)に[[鉄道国有法]]による買収により国有鉄道籍を得たものである。
 
== 概要 ==
[[1934年]](昭和9年)6月に秋田鉄道は[[鉄道敷設法|国有化]]され、「4・2」は国有鉄道籍に復したが、どういうわけか原番号には戻らず、新形式の'''115形'''('''115''')とされたが、[[1937年]](昭和12年)4月には[[梅鉢鉄工所]]に譲渡され、1950年代まで使用された。
 
一方の白棚鉄道2も、[[1938年]](昭和13年)10月に白棚鉄道が国有化されたのにともない、国有鉄道に復し、こちらは原番号の'''171'''に戻された。これも[[1942年]](昭和17年)6月に南越鉄道<!--1942年当時、南越鉄道は既に福武電気鉄道に併合されていた筈-->(後の[[福井鉄道南越線]])に譲渡され、同社の'''3'''となったが、[[1949年]](昭和24年)頃に廃車された。
 
== 主要諸元 ==
== 関連項目 ==
*[[国鉄180形蒸気機関車]]
 
{{西成鉄道の蒸気機関車}}
{{秋田鉄道の蒸気機関車}}
{{福井鉄道の車両}}
 
{{デフォルトソート:こくてつ170かたしようききかんしや}}
[[Category:日本国有鉄道の蒸気機関車|0170]]
[[Category:西成鉄道|車3_2]]
[[Category:秋田鉄道|車4_2]]
[[Category:白棚鉄道|車2]]
[[Category:福井鉄道|車3]]
[[Category:汽車製造製の蒸気機関車|日本国鉄0170]]
29,983

回編集