「KML」の版間の差分

m
{{Otheruses}}
m ({{Otheruses}})
{{Otheruses}}
'''KML'''(けいえむえる)は、アプリケーション・プログラムにおける三次元[[地理空間情報]]の表示を管理するために開発された、[[Extensible Markup Language|XML]]ベースの[[マークアップ言語]]である。2008年4月にKML2.2版は、そのまま[[Open Geospatial Consortium, Inc]] (OGC) という[[地理情報システム]]の[[オープンソース]]化を目指す団体の規格にOGC KMLとして取り入れられた<ref>[http://www.opengeospatial.org/standards/kml/ OGC KML]</ref>。
 
142,646

回編集