「樺島正法」の版間の差分

編集の要約なし
'''樺島 正法'''(かばしま まさのり、[[1942年]] - )は、[[日本]]の[[弁護士]]。[[神戸学院大学]]実務法学研究科([[法科大学院]]) [[教授]]<ref name="kobegakuin">[http://www.kobegakuin.ac.jp/general-information/soran/07_daigakuin/kabashima.html 実務法学研究科(法科大学院)実務法学専攻 樺島 正法]</ref>。[[大阪市]]長[[橋下徹]]が最初に勤めた法律事務所のボス弁だった。
== 経歴 ==
[[1967年]]、[[京都大学]]法学部卒業<ref name="kobegakuin"/>。[[1969年]]、[[大阪弁護士会]]入会<ref name="kobegakuin"/>。1969年4月、松本健夫法律事務所勤務<ref name="kobegakuin"/>。1970年、樺島法律事務所開設<ref name="kobegakuin"/>。1977年、[[不動産鑑定士]]補登録<ref name="kobegakuin"/>。
 
初めは[[刑事事件]]弁護士として活動開始<ref name="baishin">[http://www.baishin.sakura.ne.jp/kabashimamasanori.html 樺島正法]</ref>。種々の公安事件を受任<ref name="baishin"/>。この頃、ある事件をきっかけとして[[陪審制]]に興味を持ち始める<ref name="baishin"/>。その後は[[民事事件]]弁護士として活動<ref name="baishin"/>。
* アメリカ刑事手続法<ref name="kobegakuin"/>
* 日本における陪審制度<ref name="kobegakuin"/>
* [[ローマ法]]<ref name="kobegakuin"/>
== 主な研究業績 ==
* 「古都税反対運動の軌跡と展望」([[第一法規出版]](株) 1988)<ref name="kobegakuin"/>
* 大阪弁護士会監修「陪審制度」(第一法規出版(株) 1989)<ref name="kobegakuin"/>
* 「アメリカ刑事手続法概説-捜査・裁判における憲法支配の貫徹-」(第一法規出版(株) 1994)<ref name="kobegakuin"/>
* 「対話型審理-「人間の顔」の見える民事裁判」([[信山社出版]](株) 1996)<ref name="kobegakuin"/>
* 「陪審制の復興-市民による刑事裁判」(信山社出版(株) 2000)<ref name="kobegakuin"/>
* 「ローマ法と比較法」(信山社出版(株) 2006 共訳)<ref name="kobegakuin"/>
* 「えん罪を生む裁判員制度」([[現代人文社]] 2007 執筆参加)<ref name="kobegakuin"/>
== 関連項目 ==
{{DEFAULTSORT:かはしま まさのり}}
[[Category:日本の弁護士]]
[[Category:神戸学院大学の教員]]
[[Category:1942年生]]
[[Category:存命人物]]
37,316

回編集