「シャンディ・ガフ」の版間の差分

名前の由来は不明。[[イギリス]]では昔から[[パブ]]で飲まれている。昔のシャンディ・ガフはジンジャー・エールではなく、ジンジャー・ビアと[[エール (ビール)|エール]]で作っていた。現在も、イギリスのパブでは、もっともポピュラーな飲み物の1つ。[[ドイツ]]では、南部で「ラドラー」(Radler)、北部では「アルスター・ヴァッサー」(Alsterwasser)と呼ばれる。
 
[[フランス]]には、同様にビールを透明な炭酸飲料か[[レモネード]]で割った、'''「[[パナシェ'''([[:fr:Panaché]]というカクテルがある。名前の由来は[[フランス語]]で「混ぜ合わせる」である。フランス人から見ればシャンディ・ガフはパナシェの一種ということになるが、逆にイギリスではパナシェのこともシャンディと呼んでいる。[[スペイン]]では、缶入りクルスカンポ・シャンディ([[:en:Heineken brands#Cruzcampo Brewery|Cruzcampo Shandy]])が広く売られている。
 
== 標準的なレシピ ==
匿名利用者