「天然ボケ」の版間の差分

→‎類義語・対義語: ジミー大西氏の思考が理解可能とはとうてい思われません。
(萩本欽一がジミー大西を指して呼んだのが語源、という話を追加。厳密にはテレビ番組やウィキペディアの別項目がソースじゃまずいかもですが・・・)
(→‎類義語・対義語: ジミー大西氏の思考が理解可能とはとうてい思われません。)
 
== 類義語・対義語 ==
似たような概念としてよくあげられる物に[[不思議ちゃん]]がある。「天然」が笑いを誘発するのに対して、「不思議ちゃん」は必ずしもそうでは無いという点が両者の差異と考えられる。
知識や行動が常識から大きく逸脱し、周囲がその行動様式をとうてい理解不可能な場合は[[不思議ちゃん]]と呼ばれ区別される。例えばある問いかけに対して、通常予想される返答とは異なるものの、その返答に至るまでの経緯や勘違いの具合を周囲が察することができたり理解できる場合は「天然ボケ」と受け取られるが、通常予想される返答とは異なり、さらに周囲の理解の範疇を超える場合は「不思議ちゃん」と受け取られる。
 
注意力の散漫(たとえば料理や皿の運搬に頻繁にへまをする)や技能の不足などが主な要因の場合は「[[ドジっ娘]]」と呼ばれる。また年齢層を問わずに使用される類義語として、その壊れた言動の様子から「ポンコツ」とも言われる場合がある。
匿名利用者