「ビショップ」の版間の差分

 
== ビショップの特色 ==
*ビショップは他の駒とは異なり、(何手かけても)チェスボードの半分しか移動する事ができない。白マスのビショップは白マスだけに、黒マスのビショップは黒マスだけに移動する。ポーンのアンダープロモーションによって新たにビショップが発生しない限り、同じ色のマスにビショップが2個(以上)存在することは決してない。その意味で、初期配置では「ビショップという同じ駒が2個ある」というよりも「(動きは同一ながら)白マスのビショップと黒マスのビショップという別々の駒が1個づつある」と考えたほうがよい
*ビショップ特有の用語としては、「グッド・ビショップ」と「バッド・ビショップ」がある<ref>それぞれの用語を、「優良ビショップ」「不良ビショップ」と訳している文献もある。<br />『チェス戦略大全 Ⅰ』 ルディック・パッハマン 小笠誠一 訳 評言社 ISBN 978-4-8282-0534-2</ref>。
**グッド・ビショップ: 自分と同じマスの色の味方のポーンに邪魔されず、行動範囲が広いビショップ。
匿名利用者