「Wikipedia:井戸端/subj/チェックユーザー依頼における合意形成について」の版間の差分

編集の要約なし
:{{コ}} 現在の[[Wikipedia:チェックユーザーの方針]]を読んだところの、私の理解は以下のようなものです。まず「[[Wikipedia:チェックユーザーの方針#日本語版でのチェックユーザー情報公開規定]]」における「''5. その他、特にコミュニティがチェックユーザーの必要があるとの合意に達したとき、かつ提案から24時間以内に反対がない、またはほぼ賛成で合意が取れているとき。''」とは、チェックユーザー依頼を提出した<ins>あと</ins>のことを示しているのだと考えます。CU依頼が投票形式であること、また前期文章の但し書きに「''ほぼ賛成で合意が取れている、とは、有効票のうち有効賛成票が75%以上を占めている場合とする''」とあることが理由です。一方、同ページの「チェックユーザーツールの使用」節の中の[[Wikipedia:チェックユーザーの方針#チェックユーザー依頼の手順|#チェックユーザー依頼の手順]]節での解説では<blockquote>「''依頼することについて、投票のノート、ブロック依頼のノート、コメント依頼などで議論をお願いします。依頼すると合意に達してから依頼してください''」</blockquote>さらに<blockquote>「''チェックユーザーの合意は通常よりも強い合意を必要とします。なぜならチェックユーザーはやり直しができない上にやってしまったチェックユーザーは取り消せないからです。ウィキペディアでは一定期間待って反論が無い場合に合意が形成されたとみなす慣例がありますが、チェックユーザーではその程度の賛意で合意を形成したと見なすべきではありません。複数人による明確な合意が文章として明示されることが必要です。''」</blockquote>と書かれています。これがCU依頼を提出する<ins>前</ins>のことを示しているのは明らかです。
:従いまして今回の事例では、コメント依頼での議論が「''チェックユーザーの合意は通常よりも強い合意を~''」を充分に考慮したものであったかどうかを検討する必要があると思います。緊急性の点については、例えば削除依頼ではプライバシー案件に「緊急」の印をつけて速やかな処理が求められることを示しますが、CUにおいても、それに準ずる要件がある場合のみ、緊急に処理が行われるべきものであると思います。合理的な反対意見が予期されないような場合には、さっさと処理してしまってもよいとは思います。--[[利用者:Calvero|Calvero]]([[利用者‐会話:Calvero|会話]]) 2012年9月12日 (水) 14:51 (UTC)
 
ええと、まずはこちらのリアル事情により返答が遅れて申し訳ありません。
 
何故私が井戸端で本議題を挙げたかご理解いただけない方がいるので噛み砕いて説明すると「事象だけ切り取ると」「管理者への依頼以外の場(今回はコメント依頼)で25時間という時間で合意形成された」ことを盛り込んだ合意形成がされたら、今後Wikipediaでは「管理者への依頼以外でも」24時間程度でも合意形成されたことが認められますが、コミュニティはそれでよいのですか? ということです。
 
管理者の場合、[[Wikipedia:管理者#どのようなことができるか|緊急性がある事象を裁量で対処できることは一般的に認められている]]とは思います。それゆえ[[Wikipedia:管理者への依頼|管理者への依頼]](今回の場合はCU)については緊急性があると判断できるなら対処するのは問題ないかと思います。
 
ですが、[[Wikipedia:コメント依頼|コメント依頼]]の場で25時間で合意が形成され、それを依頼文に「合意が形成された」と盛り込んだ場合、CUの実施に当たって依頼文に合意したコミュニティ側に責が生じます。前回の発言で『「合意に達」っせずともCU依頼が行われており』とあるように過去には合意に達しなくても[[Wikipedia:チェックユーザー依頼/エクセル君など|CU依頼が実施された]]事を確認している通り、本当に緊急性があるならコミュニティの合意を得なくてもCUは実施されて然かるべきです。短時間で合意形成されたなんて言われるなんて、本当に「方針に賛同して」いるのか疑問です。
 
最後に、[[User:Calvero|Calvero]]さんには、論点1についてお答えいただきありがとうございます。私の方針への理解不足と、それ以上の論点説明がためになりました。--[[利用者:Ritis|Ritis]]([[利用者‐会話:Ritis|会話]]) 2012年9月17日 (月) 11:54 (UTC)
253

回編集