「高吸水性高分子」の版間の差分

概要、用途、歴史ほか
m (+{{出典の明記}})
(概要、用途、歴史ほか)
'''高吸水性高分子'''(こうきゅうすいせいこうぶんし、[[英語]]:Superabsorbent polymer、略称:SAP)は、特に高い水分保持性能を有するように設計された[[高分子]]製品である。[[紙おむつ]]や[[生理用ナプキン]]などの吸収体に多く用いられ、吸収性ポリマー、高吸水性樹脂、高分子吸収体などとも呼ばれる。
 
== 概要 ==
[[ポリアクリル酸ナトリウム]]を顆粒状にしたものが[[紙おむつ]]、[[ナプキン (生理用)|生理用品]]などに多く使用されている。[[園芸]]・[[観葉植物]]用途では、着色や[[肥料]]成分の添加などが行われたものが「クリスタルソイル」等の名称で販売されている。自重の数百倍から約千倍までの水を吸収、保持できるが、水の中に[[ナトリウム]]や[[カリウム]]などの[[陽イオン]]が存在すると吸収力が著しく低下するため、尿や体液の吸収に使用する場合の吸収力は、水に対するものより低い。
高吸水性高分子は自重の数百倍から約千倍までの[[水]]を吸収、保持できるが、水の中に[[ナトリウム]]や[[カリウム]]などの[[陽イオン]]が存在すると吸収力が著しく低下するため、[[尿]]や[[血液]]などの体液の吸収に使用する場合の吸収力は、水に対するものより低い。
 
[[アクリル酸]]の[[重合体]]は[[カルボキシル基]]を多数持つために非常に[[親水性]]が高く、さらに網目構造に[[架橋]]させ、[[ナトリウム]]塩の形とすると高い吸水性を持つ[[ゲル]]となり、優れた特性を示すことから、[[ポリアクリル酸ナトリウム]]が現在主流となっている。
 
== 用途 ==
[[ポリアクリル酸ナトリウム]]を顆粒状にしたものが[[おむつ|紙おむつ]]、[[ナプキン (生理用)|生理用品]]などに多く使用されている。[[園芸]]・[[観葉植物]]用途では、着色や[[肥料]]成分の添加などが行われたものが「クリスタルソイル」等の名称で販売されている。自重の数百倍から約千倍までの水を吸収、保持できるが、水の中に[[ナトリウム]]や[[カリウム]]などの[[陽イオン]]が存在すると吸収力が著しく低下するため、尿や体液の吸収に使用する場合の吸収力は、水に対するものより低い
 
他に、[[蓄冷剤]]、ドリップ吸収材、[[結露]]防止剤、[[芳香剤]]、携帯簡易トイレ、[[洗剤]]原料、[[顔料]]分散剤、繊維処理剤、水処理剤、[[製油]]助剤、[[パッキン]]、[[食品添加物]]などの用途がある。
 
用途により、吸水量(吸水倍率)のみならず、吸水速度、保水性(加圧しても水を再放出しない特性)、徐放性、増粘性、[[凝集]]力、耐[[塩基]]性、[[耐候性]]などの異なる特性が求められる。高吸水性のタイプは水溶液重合法、急速給水タイプは懸濁重合法というように、目的の適性が得やすい[[重合]]方法が選ばれる。
 
== 歴史 ==
* [[1960年代]] - [[ポリビニルアルコール]]、[[ポリエチレングリコール]]など、水溶性[[モノマー]]を重合した樹脂が実用化され、[[親水性]]、吸水性が着目される。
* [[1974年]] - [[アメリカ合衆国]][[アメリカ合衆国農務省|農務省]](USDA)北部研究所が100倍を超える高吸水性を持つ[[アクリロニトリル]]系高分子化合物「Super Slurper」を発表。
* [[1975年]] - [[日本国|日本]]の[[三洋化成工業|三洋化成工業株式会社]]が「サンウェット」を開発。
* [[1978年]] - 三洋化成工業がサンウェットで世界初の商業生産を開始。
* [[1983年]] - [[日本触媒|株式会社日本触媒]]がポリアクリル酸ナトリウム系の「アクアリック」を開発。
* [[1988年]] - 日本触媒が[[アメリカ合衆国|米国]][[テネシー州]]に工場設立。
* [[2001年]] - 三洋化成工業と[[三菱化学|三菱化学株式会社]]が専業のサンダイヤポリマー株式会社を創設。
* [[2005年]] - サンダイヤポリマーが[[中華人民共和国|中国]][[南通市]]に工場設立。
 
{{Chem-stub}}