「女形」の版間の差分

(+ citation to japanese ref)
本来の語義からいえば、女形を演じる役者は[[男]]にかぎられるものではないが、現在では「男が女を演じる」という認識に立って理解されることが多い。歌舞伎より転じて[[大衆演劇]]などにおいて男性俳優が女性の役を演じることをも称するようになった。
 
ガタは「方」つまり、能におけるシテ方、ワキ方などと同様、職掌、職責、職分の意を持つものであるから、原義からすれば「女方」との表記がふさわしい。歌舞伎では通常「おんながた」と読み、[[立女形]](たておやま)、[[若女形]](わかおやま)のような特殊な連語の場合にのみ「おやま」とする。「おやま」は一説には[[女郎]]、[[花魁]]の古名であるともされ、歌舞伎女形の最高の役は花魁であることから、これが転用されたとも考えられる。
 
通説によれば、[[1629年]](寛永6年)に江戸幕府が歌舞伎などに女性を使うことを禁じたために、その代わりとして歌舞伎の世界に登場したとされ、江戸では糸縷権三郎、大坂では村山左近がその祖であったと伝えられている。江戸時代の女方は芸道修業のため、常に女装の姿で女性のような日常生活を送るものとされていた<ref>戸部銀作「女方」『国史大辞典』第2巻、吉川弘文館、1980年、P984</ref>。
匿名利用者