「煮込み」の版間の差分

煮るでもシチューでもない料理の避難先として。
m (煮るへのリダイレクト)
 
(煮るでもシチューでもない料理の避難先として。)
[[ファイル:John William Waterhouse - Magic Circle.JPG|200px|right|thumb|煮込みをする図]]
#REDIRECT[[煮る]]
'''煮込み'''、'''煮込み料理''' とは煮汁を十分に入れて'''長時間弱火で[[煮る]]'''料理法とその料理<ref>{{cite web |url=http://kotobank.jp/word/%E7%85%AE%E8%BE%BC%E3%81%BF |title=煮込み |work=コトバンク |publisher=[[朝日新聞]] |year=n.d. |accessdate=2013-8-17}}</ref>。英語では[[シチュー]] (stew) とひとくくりに表現されるが、フランス、イタリアでは煮込みの手法、鍋の種類、材料により異なる表現をされる<ref name="jiten2007_p272">{{harvnb|宇田川|遠藤|加藤|橋村|2007|p=272}}</ref><ref name="jiten2007_p446">{{harvnb|宇田川|遠藤|加藤|橋村|2007|p=446}}</ref>。
 
核家族化や専業主婦の減少が見られる地域においては、1日中火のついた[[暖炉]]や[[囲炉裏]]がなくなり、家庭で煮込み料理が作られることは減少し、専門のレストランで煮込み料理を味わうケースが多い<ref name="jiten2007_p446" />。[[圧力鍋]]を使用して短時間で調理する方法もあるが、弱火でじっくり煮込んだ料理とは仕上がりが大きく異なるといわれる<ref name="jiten2007_p446" />。
 
調理用の鍋としては煮崩れにくい、蒸発量が少ない、温度が均一に伝わる、といった条件を満たすものが好ましい。すなわち熱伝導率が高く、形状は厚手の鍋がよいとされる<ref name="Tatsuguchi_pp164-165">{{harvnb|辰口|渋川|2000|pp=164-165}}</ref>。
 
== 煮込み料理の例 ==
[[ファイル:Nikomi.jpg|200px|right|thumb|もつ煮]]
=== 日本 ===
* [[肉じゃが]]
* [[もつ煮]]
 
=== フランス ===
* [[ブイヤベース]]
* [[ポトフ]]
* [[ポテ (料理)|ポテ]]
 
=== その他 ===
[[ファイル:Chicken curry.jpg|200px|right|thumb|カレー]]
* [[アイリッシュシチュー]] - [[アイルランド]]
* [[チリコンカーン]] - [[アメリカ]]
* [[カレー]] - 世界各地
 
== 調理器具の例 ==
* [[圧力鍋]]
* [[タジン鍋]]
* [[ダッチオーブン]]
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}}
 
== 参考文献 ==
* {{Citation|和書
|last=宇田川
|first=政喜
|last2=遠藤
|first2=智子
|last3=加藤
|first3=綾子
|last4=橋村
|first4=弘美
|editor=日仏料理協会
|year=2007
|title=フランス 食の事典(普及版)
|publisher=株式会社[[白水社]]
|isbn=978-4-560-09202-6
|accessdate=2013-7-21
}}
* {{Citation|和書
|last=辰口
|first=直子
|last2=渋川
|first2=祥子
|title=材質及び厚さの異なる鍋の調理適性に関する研究
|periodical=日本調理科学会誌
|issn=13411535
|publisher=一般社団法人日本調理科学会
|year=2000
|pages= 157-165
|url=http://ci.nii.ac.jp/naid/110001170057/
}}
 
== 関連項目 ==
* [[コンソメ]]
* [[シチュー]]
* [[スープ]]
* [[ポタージュ]]
 
== 外部リンク ==
{{Commonscat-inline|Stews|シチュー}}
 
{{food-stub}}
 
{{DEFAULTSORT:にこみりようり}}
[[Category:調理法]]
[[Category:シチュー]]
[[Category:バスクの食文化]]