メインメニューを開く

差分

現在発行中の[[日本の硬貨]]の中で、[[アラビア数字]]での額面表記ではなく、[[漢数字]]で書かれた唯一の硬貨である。そのため、しばしば非[[漢字文化圏|漢字圏]]の[[外国人]][[観光|観光客]]を混乱させる。{{要出典範囲|[[中華人民共和国]]では黄銅などを用いた金色の穴の空いた現行貨幣がないため、日本への観光客が珍しがってお土産として持ち帰る例も多い|date=2013年3月}}。
 
==無孔==
[[1948年]]([[昭和]]23年)から[[1949年]](昭和24年)にかけて製造されたものは、現在の五円硬貨とデザインが異なるもので、ギザ付・無孔であった。昭和24年に{{要出典範囲|材料を節約しなければならなくなり|date=2013年3月}}、有孔のものに変更された。
 
==楷書体(有孔)==[[1949年]](昭和24年)から[[1958年]](昭和33年)にかけて製造されたものは、現行の五円硬貨と基本デザインは同じだが、[[書体]]が[[楷書体]]で、かつ「国」が[[字体#旧字体|旧字体]]の「國」になっており、[[フデ五|筆五]]などと呼ばれている。なお、[[1957年]](昭和32年)銘のものは希少(製造数1000万枚)であり、しばしば高値で取引される。
 
==コジック体(有孔)==[[1957年]](昭和32年)以来毎年製造されているが、[[電子マネー]]の普及により[[2010年]](平成22年)銘は製造数が51万枚しかなく<ref>[http://www.mint.go.jp/data/pdf/nenmeibetsu_22.pdf 年銘別貨幣製造枚数](単位千枚以下の端数は[[四捨五入]])、独立行政法人造幣局</ref>、貨幣セット([[ミントセット]])のみの製造に留まっている<ref>平成22年銘のミントセット、プルーフ貨幣セット、行事用貨幣セット、その他の貨幣セットの合計は50万9700枚。</ref>。さらに[[2011年]](平成23年)も[[ミントセット]]用の45万6千枚のみの製造にとどまり、一般流通用については2年連続で製造されなかった<ref>{{PDFlink|[http://www.mint.go.jp/data/pdf/nenmeibetsu_23.pdf 年銘別貨幣製造枚数]}}独立行政法人造幣局</ref>。ちなみに、2011年は[[一円硬貨]]・[[五十円硬貨]]も五円硬貨同様、ミントセット分の45万6千枚のみの製造となった。
 
 
4

回編集