「上原城」の版間の差分

m
m
築城年は定かではないが、[[文正]]元年([[1466年]])頃、[[諏訪信満]]が中腹に居館を建て、5代70余年にわたり諏訪地方を統治したと考えられており、『守矢頼実書留』によれば上原町には堀廻りが存在し、信濃国衆の小規模城下町である「宿城」([[町宿]])であったと考えられている。
 
[[天文 (日本)|天文]]11年([[1542年]])に[[諏訪頼重 (戦国時代)|諏訪頼重]][[甲斐国|甲斐]]の[[武田信玄|武田晴信]](信玄)に滅ぼされると諏訪地方は[[武田氏]]の領国化され、宿老[[板垣信方]]など諏訪郡代が置かれ上原城は武田家の信濃領国支配の拠点のひとつとなる。
 
板垣信方は武田氏の諏訪・佐久郡侵攻において先発隊を指揮しており、上原城配置以前から両郡における所領宛行などを行っている。信方は公式には諏訪郡司(郡代)の立場であったが、[[天文 (元号)|天文]]17年([[1548年]])2月の信濃村上氏との合戦で戦死する。信方の死後、上原城には弟の室住玄蕃充が派遣されるが、同年8月には[[長坂光堅|長坂虎房]](光堅)が配置される。虎房は翌天文18年正月に[[高島城]](諏訪市高島)へ移り、以後諏訪郡司は高島城に在城した。
65

回編集