「ベンガル太守」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
===アリーヴァルディー・ハーンの治世===
[[File:Alivardi Khan.jpg|thumb|200px|right|[[アリーヴァルディー・ハーン]]]]
[[1739年]][[8月]][[26日]]、シュジャー・ウッディーン・ムハンマド・ハーンが死ぬと、その息子サルファラーズ・ハーンが新たな太守となった<ref>[http://www.royalark.net/India4/murshid2.htm Murshidabad 2]</ref>。だが、父の副官だった[[アリーヴァルディー・ハーン]]は太守位を狙うようになり、[[1740年]][[3月]]に反旗を翻した。
 
同年[[4月26日]]、サルファラーズ・ハーンとアリーヴァルディー・ハーンの両軍は、ベンガル地方の小村[[ギリヤー]]で激突した([[ギリヤーの戦い]])<ref>[http://www.royalark.net/India4/murshid2.htm Murshidabad 2]</ref>。だが、サルファラーズ・ハーンは武将[[アーラム・チャンド]]裏切られて敗れ、殺されてしまった。その後、アリーヴァルディー・ハーンは、ムガル帝国の皇帝[[ムハンマド・シャー (ムガル皇帝)|ムハンマド・シャー]]により、新たなベンガル太守に任命された。
127,192

回編集