「ルビー・カイロ」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
『'''ルビー・カイロ'''』(原題: ''Ruby Cairo'')は、[[1992年の映画|1992年]]制作の[[アメリカ合衆国]]・[[日本]]・[[イギリス]]合作の[[ミステリ映画|ミステリ]]・[[サスペンス映画]]。
 
[[角川春樹]]が[[アメリカ合衆国の映画|ハリウッド]]進出第1弾として手掛けた作品であったが、30億円の製作費に対してわずか5億円前後の回収にとどまり興行的に失敗、これが角川春樹と弟の[[角川歴彦]]の対立を呼び、[[角川書店]]の[[お家騒動]](権力争い)が勃発する引き金となった<ref>[[岩上安身]]「[http://www.hh.iij4u.or.jp/~iwakami/kado1.htm 誰も書かなかった『角川家の一族』(前編)]」『宝島30』1993年11月号、宝島社</ref>。
 
== あらすじ ==