「ルカ・ラスカ」の版間の差分

 
== 略歴 ==
[[ブゾーニ国際ピアノコンクール]](2001年)、[[カザグランデ国際ピアノコンクール]](2000年)、[[ヴィオッティ国際音楽コンクール]]ピアノ部門(1988年)の3つにすべて入賞した<ref>この3つはラスカが挑戦した時点で最後の''旧制度''に基づいたものであった。ブゾーニの現行制度は[[2002年]]から、カザグランデの現行制度は[[2014年]]から、ヴィオッティの現行制度は[[2007年]]からである。なお、ラスカはヴィオッティを2002[[2003]]にも受けていたが、セミファイナルで切られ、ファイナルにはあと一歩及ばなかった。</ref><ref>[https://archive.is/k6PO5 外部リンク]</ref>唯一のピアニストである。国際コンクール歴は2005年まで続くが、そのほとんどはイタリアで行われる国際コンクールであった。国外の受賞歴にはロンドンのワールド・ピアノ・コンペティションやドルトムントのシューベルト国際コンクールが含まれる。12歳で[[ルイジ・ファイト]]に認められピアニストとしてデビュー、国際コンクールの挑戦はまだ音楽院のディプロマがなかった16歳の時にまでさかのぼる。
 
2004年以降はほぼ毎年のように、国際審査員としてピアノコンクールに顔を出し続けている。1992年より[[イモラ]]に在住する。現在は"Jacopo Tomadini" 音楽院でピアノの教鞭をとっている。近年の活動としてAloise Vecchiatoの著書の編集作業があげられる。
匿名利用者