「中澤佑二」の版間の差分

 
=== 日本代表 ===
1999年9月8日に行なわれた[[サッカーイラン代表|イラン]]との親善試合でAフル代表デビューを果たし、翌2000年に行なわれた[[AFCアジアカップ2000 (予選)|AFCアジアカップ2000予選]]の[[サッカーシンガポール代表|シンガポール]]戦で代表初得点。その後は[[シドニーオリンピックにおけるサッカー競技|シドニーオリンピック]]や[[AFCアジアカップ2000]]ではレギュラーとして活躍するが、2001年に入ってからスランプに陥り、代表でも同ポジションの[[松田直樹]]の控えに甘んじる事が増え、[[2002 FIFAワールドカップ]]本大会のメンバー発表前最後の試合であるアウェイの[[サッカーノルウェー代表|ノルウェー]]戦にはフル出場(同年唯一のAキャップ)するが0-3で敗れ、[[秋田豊]]の選出もあってメンバー入りは叶わなかった。
 
その後しばらくの間招集されることはなかったが、2003年に横浜を年間優勝に導く活躍から代表へと復帰を果たす。復帰してからしばらくは控えであったものの、[[ジーコ]]監督が本格的に3バックを導入した頃からレギュラーとして出場することが増え、[[AFCアジアカップ2004]]ではグループリーグの[[サッカータイ王国代表|タイ]]戦で決勝点を含む2得点、[[バーレーン]]との準決勝では敗戦の危機を救う同点ゴールを決めるなど、[[玉田圭司]]と並んでチームトップタイの3得点を記録する活躍で優勝の原動力となった。その後もレギュラーとして出場を続け、[[2006 FIFAワールドカップ]]本大会ではグループリーグ全3試合にフル出場したが、ノックアウトステージ進出はならなかった。
匿名利用者