「感動詞」の版間の差分

編集の要約なし
{| class="wikitable"
|-
! !!働き!!colspan="2"|相当する語
|-
|rowspan="2"|感動||rowspan="2"| 話し手の感動を表す。||口語||「ああ」「まあ」など{{sfn|永山勇|2010|p=165}}
|-
|文語||「ああ」「あっぱれ」「あはれ」「あな」など{{sfn|永山勇|2010|p=165}}。
|呼び掛け||相手に呼びかける。||「もしもし」「ちょっと」など。
|-
|[[応答]]rowspan="2"|呼び掛け||rowspan="2"|相手に応答す呼びかける。||口語||「[[はい]]」「いいえもしもし」「うんちょっと」など。
|-
|[[挨拶]]文語||相手「いか挨拶する。||「おはよう」「こんにちはいざ」「さようならやあやあ」など{{sfn|永山勇|2010|p=166}}
|-
|掛け声rowspan="2"|[[応答]]||rowspan="2"|話し手や相手に呼びかけて、調子をとったり、勢いをつけたり応答する。 ||口語||「[[は]]」「しょいえ」「それっうん」など{{sfn|永山勇|2010|p=167}}
|-
|文語||「いな」「おうおう」など{{sfn|永山勇|2010|p=167}}。
|-
|[[挨拶]]||相手に挨拶する。||口語||「おはよう」「こんにちは」「さようなら」など。
|-
|掛け声||話し手や相手に呼びかけて、調子をとったり、勢いをつけたりする。 ||口語||「えい」「よいしょ」「それっ」など。
|}
 
== 朝鮮語 ==
* {{lang|kr|아이고}} aigo (感極まった時、溜め息をつく時の言葉)
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}}
 
== 参考文献 ==
* {{Cite book|和書|author=永山勇|title=国文法の基礎|year=2010|date=2010-07-30|edition=改訂2版|publisher=洛陽社|isbn=978-4-8442-0026-0|ref=harv}}
 
== 関連項目 ==