「デッドプール2」の版間の差分

; [[デッドプール|ウェイド・ウィルソン / デッドプール]]
: 演 - [[ライアン・レイノルズ]]、日本語吹替 - [[加瀬康之]]<ref name="natalie">{{Cite news|publisher=|work=映画ナタリー|url=https://natalie.mu/eiga/news/280589|title=「デッドプール2」吹替に中村悠一らマーベルヒーロー集結、加瀬康之の続投も決定|date=2018-05-02|accessdate=2018-05-02}}</ref><ref name="fukikaeru">{{Cite news|publisher=|work=ふきカエル大作戦!!|url=https://www.fukikaeru.com/?p=9346|title=デッドプール2|date=2018-06-01|accessdate=2018-06-01}}</ref>
: 元特殊部隊員で、ニューヨークでトラブルシューターをしながら日銭を稼ぎ生活していた傭兵。後天的に不死身に近い驚異的な治癒能力を持つ得たミュータント。前作で自分をミュータントへと変えたエイジャックスを倒し、人質となった恋人ヴァネッサを救った。
: 一人称は「俺ちゃん」。元特殊部隊員であるため身体能力や反射神経が高く、様々な銃器や刀の高度な扱いや武術等にも精通している。あらゆるポップカルチャーに詳しい為、比喩や会話の最中によく織り混ぜて話す事が多い。かなりのおしゃべりで、どんな状況でもユーモアのセンスを失わずに喋り続ける。希に女性のような仕草をしたり、同性愛者のような思考で考えるようになる<ref group="注">前作では敵に女性の口調でバカにしたり、コロッサスに[[お姫様抱っこ]]したがったり、尻を触るなど。</ref>。過去に[[育児放棄]]した[[アルコール依存症]]の父親と過ごしていたため、自身が子供の父親になることに悩んで自信を無くす。
: 本作の語り部であり、[[第四の壁]]を無視して観客に語りかける。同じXーMENシリーズのキャラクターであるウルヴァリンの『[[LOGAN/ローガン]]』や他のキャラクターを本作に出演させなかったスタッフに文句を言ったり、劇中の演出を操ったりすることができる。殺人を考えるラッセルとケーブルを救う事をテーマだと据えており、R指定にされた今作を「ファミリー向け」だと訴える。
: 本作ではヴァネッサと再び同居しながら、デッドプールとしてヒーロー活動して生活している。その後、世界中の悪党たちの恨みを買ったため、彼らの復讐でヴァネッサを失った。彼女を殺して取り逃したマフィアのボスの顔を見て、今まで殺人を犯してきた自分と同じだと悟り、[[公道]]上で[[貨物自動車|大型トラック]]に跳ねられ道連れにした。彼女と過ごした自宅ガソリンタンク爆発を用いさせて自殺をはかるが、肉体のパーツが散らばりながらも残って残り、マンションのいたため自宅に駆け付けたコロッサスに助け出されて失敗復活する。自身を諭したコロッサスの誘いを渋々了承し受けてXーMENへと加入し、見習いとして活動することとなった。
: ある日、未来から来た戦士であるケーブルから孤児のミュータントのラッセルを守るべく、親友のウィーゼルと共にミュータントのリクルート活動を行い、ヒーローチーム「X-フォース」を結成する。
; [[ケーブル (コミック)|ケーブル]]
: 演 - [[ジョシュ・ブローリン]]、日本語吹替 - [[大塚明夫]]<ref name="natalie" /><ref name="fukikaeru" />
: 50年後の荒廃した未来からやってきた戦士。半身がサイボーグ化されており、様々なハイテク武器を扱い、義手であるバイオニックアームには強力なバリア発生装置が仕込まれている。
: 家族を猟奇殺人鬼のミュータントであるラッセルに殺されてしまい、それを阻止するべく小型のタイムマシンで未来からタイムトラベルをし、まだ少年の頃のラッセルを狙いミュータント収容施設「アイスボックス」を襲撃するが、彼を守ろうとするデッドプールと衝突する。
; {{仮リンク|コピーキャット (マーベル・コミック)|en|Copycat (Marvel Comics)|label=ヴァネッサ}}
: 演 - [[モリーナ・バッカリン]]、日本語吹替 - [[林真里花]]<ref name="fukikaeru" />
; {{仮リンク|ラスティ・コリンズ|en|Rusty Collins|label=ラッセル・コリンズ / ファイヤーフィスト}}
: 演 - {{仮リンク|ジュリアン・デニソン|en|Julian Dennison}} / 青年期 - {{仮リンク|サラ・ベイカー|en|Sala_Baker}} 、日本語吹替 - [[皆川純子]]<ref name="natalie" /><ref name="fukikaeru" />
: 炎を放つことができるミュータント。美形で小太りの少年。自らが住んでいるミュータントの児童養護施設の前で能力を使い暴れていた所を逮捕され、ウェイドと共にミュータント収容施設「アイスボックス」に収監される。自分を虐待をした理事長恨み、復讐を画策している。
: 未来から来た戦士であるケーブルに命を狙われており、ケーブルのいる未来世界では理事長への復讐後に殺人の快感を覚え、次々と猟奇的に人々を殺し続けていた。自身の殺人を止めようとしたケーブルへ、見せしめとして彼の妻子を焼き殺した。
; {{仮リンク|ドミノ (マーベル・コミック)|en|Domino (comics)|label=ドミノ}}
: 演 - {{仮リンク|ザジー・ビーツ|en|Zazie Beetz}}、日本語吹替 - [[佐古真弓]]<ref name="natalie" /><ref name="fukikaeru" />
: 演 - [[ブリアナ・ヒルデブランド]]、日本語吹替 - [[嶋村侑]]<ref name="fukikaeru" />
: ミュータントのヒーローチーム「[[X-メン|X-MEN]]」のメンバーで、コロッサスとバディを組んでいた女性ミュータント。いつも不機嫌そうな顔をしている。
: 原子力のエネルギーを放出する能力を持つ。また、エネルギーを盾として展開することも出来る可能。今作では[[レズビアン]]であることが明かされ、恋人のユキオと行動を共にする。
; ユキオ
: 演 - [[忽那汐里]]、日本語吹替 - 忽那汐里<ref name="fukikaeru" />
; 理事長
: 演 - [[エディ・マーサン]]、日本語吹替 - [[魚建]]<ref name="fukikaeru" />
: ラッセルが暮らすミュータント児童養護施設「エセックス」の理事長。保護しているミュータントの子供達に、職員達と日頃から「癒し」と表して虐待しており、ラッセルや他の子供達から恨まれている。
; {{仮リンク|ブラック・トム・キャシディ|en|Black Tom Cassidy|label=ブラック・トム}}
: 演 - {{仮リンク|ジャック・ケシー|en|Jack Kesy}}、日本語吹替 - [[辻井健吾]]<ref name="fukikaeru" />