「第85回天皇杯全日本サッカー選手権大会」の版間の差分

m
→‎概要: 北海道コンサドーレ札幌名称変更に伴う処理 using AWB
m (→‎概要: 北海道コンサドーレ札幌名称変更に伴う処理 using AWB)
*6チーム出場した2種(高校生年代)チームは、前回に2勝して3回戦へ進出した[[大分トリニータ]]U-18を含めて全て初戦敗退になった。
*この大会では[[ダービーマッチ]]に類する対戦が4試合あった。3回戦で行われた徳島県勢同士の対戦はJ2の[[徳島ヴォルティス]]が[[四国サッカーリーグ]]の三洋電機徳島に圧勝したが、「[[仙台ダービー]]」ではJ2の[[ベガルタ仙台]]と東北地区大学サッカーリーグ所属の[[仙台大学サッカー部|仙台大学]]がPK戦までもつれこむ接戦を演じた。残りの2試合は、準々決勝の「[[大阪ダービー]]」と準決勝の「[[さいたまダービー]]」。
*3回戦ではJFL所属の[[佐川急便東京SC]]がJ2[[北海道コンサドーレ札幌|コンサドーレ札幌]]を破り、4年ぶりのJクラブ撃破となった。佐川東京は2007年から[[SAGAWA SHIGA FC|佐川急便SC]]として改組され、同大会が最後の天皇杯本大会出場になった。
*4回戦ではJFLの[[Honda FC]]がJ1の[[セレッソ大阪]]を相手にPK戦まで持ち込み、J2の横浜FCは[[2005年のJリーグカップ|ヤマザキナビスコ杯]]準優勝の[[ガンバ大阪]]に対して90分間と延長戦の2度とも試合終了間際までリードする健闘を見せたが、結局ベスト8はすべてJ1チームとなった。
*4回戦でヤマザキナビスコ杯優勝の[[ジェフユナイテッド市原・千葉]]と対戦した[[ヴァンフォーレ甲府]]は、その時点でJ2の3位でJ1昇格争いをしていたが、主力選手を休ませずに試合に臨み、延長戦で敗れた。試合後に千葉監督の[[イビチャ・オシム]]は試合後の挨拶で甲府監督の[[大木武]]に対してそのサッカーを称賛し、翌年はJ1で対戦したいと述べた。甲府は実際に同年にJ1昇格を達成した。
20,289

回編集