メインメニューを開く

差分

 
=== アメリカ合衆国 ===
アメリカ合衆国では連邦政府によるVATにあたる税金はないが、州ごとに業者間取引には課されず、最終的な消費者のみに課される売上税(Sales Tax)がある。50の州のうち、5つの州において、州ごとの売上税が課せられない。州ごとの売上税(State Sales Tax)がないのは、[[アラスカ州]]、[[デラウェア州]]、[[モンタナ州]]、[[ニューハンプシャー州]]、[[オレゴン州]]である<ref>[http://www.retirementliving.com/taxes-by-state Taxes by State] Retirement Living Information Center, Inc.</ref>。
 
[[アメリカでは合衆国議会]]何十年にもわたって、VATの導入について議論が持たれてきたが、[[法人税]]・[[所得税]]に代表される直接税に比べて、消費税・付加価値税など間接税が優れているとは見なせないという理由で、国全体での採用は見送りとなっている(アメリカの国税における直間比率は9対1)<ref name="president2013916">[http://president.jp/articles/-/10632 NEWS FILE 米国が今も消費税を導入しない「もっともな理由」] PRESIDENT Online - プレジデント 2013年9月16日</ref>。
 
VATの場合は特に、輸出に還付金が渡され輸入には課税される点、法人税引き下げとセットにされやすい点など、議論の焦点となってきたことが、アメリカの公文書に多く残っている<ref name="president2013916" />。