「ノート:国道106号」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
{{反対}} 「宮古盛岡横断道路」の既開通区間である「達曽部道路」<ref>[http://www.thr.mlit.go.jp/road/ir/shouiinkai/pdf/110921/15_sankou2.pdf 宮古盛岡横断道路 - 国土交通省 東北地方整備局]</ref>についてGOOGLEMAPで調べてみたところ、元の道が斐伊川沿いに走っていたものを2本のトンネルと2本の橋(宮古側から下平1号橋、第1下平トンネル、下平2号橋、第2下平トンネル)で500mほどショートカットしたというものでした。すぐ東側に同様の改良工事を行った箇所(宮古側から下達曽部トンネル、達曽部川橋、上達曽部トンネル、達曽部橋、小滝トンネル、小滝橋)があります。こちらの工事は1970年代に行われたようで「宮古盛岡横断道路」に含まれていません。一般利用者の立場で現状を見ると東側の改良区間と「達曽部道路」に特に違いはありません。このことからわかるように、「宮古盛岡横断道路」というのは国道106号のいくつかある改良工事をひとまとめにして呼んでいるだけに過ぎません。計画・予算・工事の実施にあたって特別な措置が取られているのかもしれませんが、リダイレクトで十分であり、別項目にするようなものではないと思います。--[[特別:投稿記録/106.181.210.213|106.181.210.213]] 2019年4月9日 (火) 02:01 (UTC)(出典の追加等加筆しました。--[[特別:投稿記録/106.181.210.213|106.181.210.213]] 2019年4月9日 (火) 02:09 (UTC))
 
(インデント戻します)皆さま、コメントありがとうございます。最近あまり時間がとれず、返信が遅くなってしまい申し訳ありません。
 
さて、直近のTakisawさんのコメントについてですが、思いの外記事の整理に関する認識については大きな隔たりはないのかなと思いました。「全線別線の自動車専用道路を建設するような路線では別にした方が分かりやすい例もある」というのは同感ですし、「改良事業の説明と切っても切れない関係」にある場合一体で説明したほうがよいというのも理解できます。私が一番問題視しているのは、宮古盛岡横断道路の内容が路線状況の節の中に狭苦しく押し込められ、成長が妨げられているという風に認識した部分でした。その部分の記述の仕方で大幅な改稿をしてまず、加筆していくということで今後議論できるのであれば、分割提案だけに固執する必要もないのかなと思いました。「バイパスデータだけを表にしている点については改善の余地がある」とのコメントをいただいたので、ある程度の部分で問題意識は共有できるのかと思います。記事のレイアウト変更の議論として継続し、加筆修正に取り組めるのであれば、一度取り下げることも一考の余地があると考えるようになりました。
 
ところで、最後の[[特別:投稿記録/106.181.210.213|106.181.210.213]]さんのコメントは言い方は悪いですが、いただけないなと個人的に思います。[[地域高規格道路]]は事業としては[[一般国道]]や[[都道府県道]](場合のよっては[[市町村道]])の改良事業であるのは、当然のことであり、その中でも60km/hから80km/hの最高速度で走行可能なものとして建設され、地域の交流を増やすための事業(粗削りに表現したので多少正確ではないもしれません)ですので、改良事業の中でも特別なものとまずは認識してもらいたいです。現道活用区間もあったとしても60km/hの速度は確保するようにする訳ですからただの改良事業ではありません(もちろん現道活用区間が50km/h以下の区間がある場合もありますが、あくまで暫定的です)。ですので、「「宮古盛岡横断道路」というのは国道106号のいくつかある改良工事をひとまとめにして呼んでいるだけに過ぎ」ないというには少々語弊があります。地域高規格道路の規格を満たして組み込まれた区間とそれ以外の改良事業に当然に分かれます。それと、もう少し上に私がコメントしましたが、盛岡南ICまでの終点付近の現道活用区間は国道106号ではありません。
 
つきましては、一体として記述するには、改良事業として一連になる部分を記述しつつ、どこが地域高規格道路に組み込まれたのかと現道活用区間はどのようかなどをわかりやすく説明する工夫が必要と考えています。この前提を踏まえた上で、今後の記述方法の改善が議論できるのであれば、分割提案を取り下げることも選択肢かと思います。--[[利用者:ヤビツスカイライン|ヤビツスカイライン]]([[利用者‐会話:ヤビツスカイライン|会話]]) 2019年4月13日 (土) 07:07 (UTC)
 
== 達曽部道路について ==