「エサ=ペッカ・サロネン」の版間の差分

'''エサ=ペッカ・サロネン'''('''{{lang|fi|Esa-Pekka Salonen}}''', [[1958年]][[6月30日]] - )は、[[フィンランド]]の[[作曲家]]・[[指揮者]]。2008年から、[[フィルハーモニア管弦楽団]]の首席指揮者・芸術顧問を務める。また、[[ロサンジェルス・フィルハーモニック]]の桂冠指揮者である。
 
== 人物・来歴 ==
[[ヘルシンキ]]・[[シベリウス音楽院]]で、[[ホルン]]演奏と[[作曲]]を学ぶ。同級生の[[作曲家]][[マグヌス・リンドベルイ]]や[[サーリアホ]]と実験音楽合奏団「トイミー」({{lang|fi|Toimii}}、[[フィンランド語]]で「それは作用する」の意)を結成。その後、[[フランコ・ドナトーニ]]とニコロ・カスティリオーニのもとで作曲の研鑽を積む。当初は作曲活動に専念したが、1983年に急遽[[ロンドン]]で[[マイケル・ティルソン・トーマス]]の代役として[[フィルハーモニア管弦楽団]]の[[グスタフ・マーラー|マーラー]]作曲[[交響曲第3番 (マーラー)|交響曲第3番]]の公演を引き受けることとなり、指揮者としての経歴が開始された。その後も[[1985年]]から[[1994年]]までフィルハーモニア管弦楽団の首席客演指揮者を務めてきた。
 
[[1985年]]から[[スウェーデン放送交響楽団]]の首席指揮者に、また[[1984年]]に[[アメリカ合衆国|アメリカ]]デビューを果たして以来、[[1991年]]から[[ロサンジェルス・フィルハーモニック]]の音楽監督に就任(首席指揮者と兼任)し、[[現代音楽]]の演奏と録音に献身してきた。[[ヴィトルド・ルトスワフスキ]]の交響曲第3番の世界初録音は、[[1985年|1985年度]]{{仮リンク|グラモフォン賞|en|Gramophone Award}}現代音楽部門最優秀録音に選ばれた。サロネンは、現代音楽だけでなく、[[ジャン・シベリウス|シベリウス]]や[[カール・ニールセン|ニールセン]]、[[ラーシュ=エーリク・ラーション|ラーション]]などの、[[20世紀]]前半から中頃に活躍した[[北ヨーロッパ|北欧]]の作曲家の紹介にも取り組んでいる
 
サロネンは、現代音楽だけでなく、[[ジャン・シベリウス|シベリウス]]や[[カール・ニールセン|ニールセン]]、[[ラーシュ=エーリク・ラーション|ラーション]]などの、[[20世紀]]前半から中頃に活躍した[[北ヨーロッパ|北欧]]の作曲家の紹介にも取り組んでいる。
 
一方、作曲家としてのサロネンの主な作品には、[[フランツ・カフカ]]の『判決』から題名をとった[[サクソフォーン協奏曲]]『…一瞥して何も気付かず…』(''...auf den ersten Blick und ohne zu wissen...'', [[1980年]])や、[[スタニスワフ・レム]]のテクストによる[[ソプラノ]]のための''Floof''([[1982年]])、管弦楽曲『ロサンジェルス変奏曲』(''L.A. Variations'', [[1996年]])などがある。作曲活動に没頭できるように[[2000年]]に1年間の休息をとり、その間にホルン独奏曲『演奏会用練習曲』(''Concert Étude'' )や、[[アンシ・カルトゥネン]]と[[ロンドン・シンフォニエッタ]]のためのチェロ作品や管弦楽曲を作曲した。
 
作品は、チェスター社<ref>{{Cite web |url = http://www.musicsalesclassical.com/composer/work/1357/46218|title = Esa-Pekka Salonen、Nyx (2011) |publisher = www.musicsalesclassical.com |date = |accessdate = 2019-05-15}}</ref>から出版されている。
 
== 主な作品 ==
匿名利用者