エサ=ペッカ・サロネン

フィンランドの作曲家・指揮者

エサ=ペッカ・サロネンEsa-Pekka Salonen, 1958年6月30日 - )は、フィンランド作曲家指揮者。2020年からサンフランシスコ交響楽団の音楽監督。また、ロサンジェルス・フィルハーモニックの桂冠指揮者である。2020年、大英帝国名誉騎士号(: Honorary Knighthood (KBE) )に叙せられた[1]

エサ=ペッカ・サロネン
Esa-Pekka Salonen
Esa-Pekka at Apple store in Berlin.jpg
エサ=ペッカ・サロネン
基本情報
生誕 (1958-06-30) 1958年6月30日(64歳)
出身地  フィンランド
ウーシマー州 ヘルシンキ
学歴 シベリウス音楽院
ジャンル 現代音楽
クラシック音楽
実験音楽
職業 作曲家
指揮者
共同作業者 トイミー
エサ=ペッカ・サロネン
エサ=ペッカ・サロネン
エサ=ペッカ・サロネン

人物・来歴編集

ヘルシンキシベリウス音楽院で、ホルン演奏と作曲を学ぶ。同級生の作曲家マグヌス・リンドベルイサーリアホと実験音楽合奏団「トイミー」(Toimiiフィンランド語で「それは作用する」の意)を結成。その後、フランコ・ドナトーニとニコロ・カスティリオーニのもとで作曲の研鑽を積む。当初は作曲活動に専念したが、1983年に急遽ロンドンマイケル・ティルソン・トーマスの代役としてフィルハーモニア管弦楽団マーラー作曲交響曲第3番の公演を引き受けることとなり、指揮者としての経歴が開始された。その後も1985年から1994年までフィルハーモニア管弦楽団の首席客演指揮者を務めてきた。

1985年からスウェーデン放送交響楽団の首席指揮者に、また1984年アメリカデビューを果たして以来、1991年からロサンジェルス・フィルハーモニックの音楽監督に就任(首席指揮者と兼任)し、現代音楽の演奏と録音に献身してきた。ヴィトルド・ルトスワフスキの交響曲第3番の世界初録音は、1985年度グラモフォン賞英語版現代音楽部門最優秀録音に選ばれた。サロネンは、現代音楽だけでなく、シベリウスニールセンラーションなどの、20世紀前半から中頃に活躍した北欧の作曲家の紹介にも取り組んでいる。

サロネンは、2020/21のシーズンまでフィルハーモニア管弦楽団の首席指揮者を務め、桂冠指揮者: Conductor Laureate)の称号が付与された[2]。また、2020年9月開始のシーズンからサンフランシスコ交響楽団の第12代音楽監督に就任した[3]

一方、作曲家としてのサロネンの主な作品には、フランツ・カフカの『判決』から題名をとったサクソフォーン協奏曲『…一瞥して何も気付かず…』(...auf den ersten Blick und ohne zu wissen..., 1980年)や、スタニスワフ・レムのテクストによるソプラノのためのFloof1982年)、管弦楽曲『ロサンジェルス変奏曲』(L.A. Variations, 1996年)などがある。作曲活動に没頭できるように2000年に1年間の休息をとり、その間にホルン独奏曲『演奏会用練習曲』(Concert Étude )や、アンシ・カルトゥネンロンドン・シンフォニエッタのためのチェロ作品や管弦楽曲を作曲した。

作品は、チェスター社[4]から出版されている。

主な作品編集

管弦楽作品編集

協奏曲編集

来日歴編集

出演編集

CM編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈・出典編集

  1. ^ Esa-Pekka Salonen awarded honorary knighthood” (英語). 英・グラモフォン (2020年12月21日). 2021年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月11日閲覧。
  2. ^ Esa-Pekka Salonen” (英語). Who we are - Titled artists. フィルハーモニー管弦楽団. 2021年11月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月11日閲覧。
  3. ^ “Music Director Designate Esa-Pekka Salonen conducts the San Francisco Symphony in two concert programs, February 20–22 & 27–29, 2020 at Davies Symphony Hall” (英語) (PDF) (プレスリリース), サンフランシスコ交響楽団, (2020年2月11日), オリジナルの2020年9月20日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200920013042/https://www.sfsymphony.org/SanFrancisco/media/SanFrancisco/Hero%20Images/Esa-Pekka-Salonen-conducts-SFS-Feb-2020.pdf 2022年3月11日閲覧。 
  4. ^ Esa-Pekka Salonen、Nyx (2011)”. www.musicsalesclassical.com. 2019年5月15日閲覧。
  5. ^ サントリーホール国際作曲委嘱シリーズ No.26 エサ=ペッカ・サロネン 2020年4月13日閲覧。

外部リンク編集

先代
マイケル・ティルソン・トーマス
サンフランシスコ交響楽団
音楽監督
2020年-
次代
-