「上原城」の版間の差分

(→‎概要: 内容追加)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
== 概要 ==
永明寺山の西側にある[[金毘羅山 (長野県)|金毘羅山]](標高978m)の山頂と中腹の[[居館]]からなる[[諏訪氏|諏訪]]総領家の本拠であった[[根小屋城|根小屋式山城]]である<ref>永明寺山には同時期、南に齢松山城、南東には鬼場城という諏訪氏の支族、矢ヶ崎家の山城があった。(茅野市史編纂委員会著〈[[細田貴助]]ほか〉『茅野市史』中巻 中世・近世 1987年)参照</ref>
 
築城年代は定かではないが、[[室町時代]]の[[文正]]元年([[1466年]])頃、[[諏訪信満]]が中腹に居館を建て、5代70余年にわたり諏訪地方を統治したと考えられている。『[[守矢頼真|守矢頼実]]書留』によれば、上原町には堀廻りが存在し、信濃国衆の小規模[[城下町]]である「宿城」([[町宿]])であったと考えられている。上原城下町には[[諏訪大社]]上社とその別当寺である神宮寺の[[門前町]]を包括していた。
 
[[天文 (日本)|天文]]11年([[1542年]])には、[[甲斐国]]の[[武田信玄|武田晴信]](信玄)が[[高遠頼継]]とともに領主・[[諏訪頼重 (戦国時代)|諏訪頼重]]を滅ぼし、諏訪郡は[[武田氏]]の領国となる。