「拓跋孤」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集 Androidアプリ編集
[[329年]]、長兄の拓跋翳槐が代王に即位すると、次兄の拓跋什翼犍が[[後趙]]の人質として[[襄国]]に赴いた。
 
[[338年]]、拓跋翳槐が死去した。死の間際、拓跋什翼犍を後継に立てるよう遺言したが、彼は遠く離れた地にいる為、 大人の梁蓋らは別の君主を建てようとした。三兄拓跋屈は剛猛であったが偽りが多い人物だった為、諸大人は彼を殺し、仁義に厚い人柄だった拓跋孤を後継に立てた。しかし、拓跋孤はより年長のものが立つべきであるとして、自ら[[ギョウ|鄴]]を訪れ、趙の石虎へ「兄は国へ帰り主君とならねばなりません。代わって私が人質となりますので、どうか兄を帰国させて下さいますよう」と、申し出た。後[[石虎]]は拓跋孤の気概に感心し、2人とも返還させてやった。 
 
拓跋什翼犍が即位すると、国の半分を拓跋孤に与えて統治させた。後に死去した。