メインメニューを開く

拓跋 孤(たくばつ こ、生没年不詳)は、中国王族。父は拓跋鬱律。兄に拓跋翳槐拓跋什翼犍拓跋屈がいる。北魏道武帝により、高涼王に追封され、諡は神武といった。

経歴編集

拓跋鬱律の四男として生まれた。多才多芸であり、謀略に長け、高い志を持っていた

329年、長兄の拓跋翳槐が代王に即位すると、次兄の拓跋什翼犍が後趙の人質として襄国に赴いた。

338年、拓跋翳槐が死去した。死の間際、拓跋什翼犍を後継に立てるよう遺言したが、彼は遠く離れた地にいる為、 大人の梁蓋らは別の君主を建てようとした。三兄の拓跋屈は剛猛であったが偽りが多い人物だった為、諸大人は彼を殺し、仁義に厚い人柄だった拓跋孤を後継に立てた。しかし、拓跋孤はより年長のものが立つべきであるとして、自らを訪れ、趙の石虎へ「兄は国へ帰り主君とならねばなりません。代わって私が人質となりますので、どうか兄を帰国させて下さいますよう」と、申し出た。後石虎は拓跋孤の気概に感心し、2人とも返還させてやった。 

拓跋什翼犍が即位すると、国の半分を拓跋孤に与えて統治させた。後に死去した。

子に拓跋斤があったが、伯父の拓跋什翼犍によって要職を剥奪された恨みで、従兄の拓跋寔君の乱に加担し、伯父らを殺害した。しかし、これを聞いて激怒した前秦の天王苻堅の軍勢に捕らわれて、長安で拓跋寔君とともに車裂きの刑に処され、無残な最期を遂げた。

伝記資料編集