「那嵯涼介」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
'''那嵯 涼介'''(なさ りょうすけ、[[1965年]] - )は[[埼玉県]]出身の[[プロレス格闘技]]研究家、ライター。本名非公開
 
特に、海外[[プロレス]]源流となった[[キャッチ・アズ・キャッチ・キャン]]スタイルの[[レスリング]]や、「[[ガチンコ|シューター]]」や「フッカー」と呼ばれた実力派最強級のレスラーの系譜に詳しく、2008年多方面から徹底的に考証『Gスピリッツ』([[辰巳出版]])に前後編で「Uの源流妥協探る [[カール・ゴッチ]]とキャッチ・アズ・キャッチ・キャン」を発表した。また、同年発売れた[[DVD]]『プロレスの神様 カール・ゴッチ』では資料提供のほか、監修者の[[流智美]]対談歴史の真実行った。2009年に追求する研究スタイル『Gスピリッツ』11号で「[[ダニー・ホッジ]]回想録」発表した抜く
ライフワークは古今東西最強レスラー100人のリスト作り。
[[柳澤健]]の著書「[[1984年のUWF]]」( 文藝春秋 2017年 61ページ)では、那嵯について「世界一の[[カール・ゴッチ]]研究家」という肩書きで紹介している。
 
 
2008年、『[[Gスピリッツ]]』([[辰巳出版]])に前後編で「Uの源流を探る [[カール・ゴッチ]]と[[キャッチ・アズ・キャッチ・キャン]]」を発表した。また、同年発売された[[DVD]]『プロレスの神様 [[カール・ゴッチ]]』では資料提供のほか、監修者の[[流智美]]との対談を行った。2009年には『[[Gスピリッツ』11号で「[[ダニー・ホッジ]]回想録」を発表した。
 
{{DEFAULTSORT:なさりようすけ}}
309

回編集