「Advanced Audio Distribution Profile」の版間の差分

 
 
== 概要 ==
A2DPでは、[[モノラル]]もしくは[[ステレオ]]の音声データを、ACLチャンネル上に高品質にストリーミング配信するための手順や、使用する他の[[Bluetooth]]プロファイル・[[{{仮リンク|Bluetoothプロトコル]]一覧|label=Bluetoothプロトコル |en|List of Bluetooth protocols}}などが定義されている。ただし、サラウンドサウンドの配信については定義の範囲外となる。
 
A2DPでは伝送に必要なカプセリング化方式のみを規定しており、ペイロードとなる音声の圧縮に使用するコーデックは自由に規定することが可能となっている。A2DPの規格で実装を必須としているのは[[:en:SBC (codec)|SBC]](SubBand Codec)であり、これ以外に過去多くの製品に実装されたコーデックとして、[[MP3]]オーディオ、[[AAC]](MPEG-2/4 AAC)、[[ATRAC]]、[[aptX]]、[[LDAC]]などがある。また、特徴的な実装として、[[サムスン]]社製の一部のスマートフォンおよびBTイヤホンにおいてはサムスン独自のコーデックを実装し、同社製同士である場合に高音質な再生品質が得られることをアピールする事例もある。
匿名利用者