「ダックテイルズ」の版間の差分

(→‎シーズン2: ルーイの物語を追記。修正求む。)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
カッコ内話数は吹替版準拠。
=== シーズン1 ===
[[ドナルドダック|ドナルド]]が就職面接に行く日の朝、ベビーシッターの手配が上手くいかず、仕方なく三つ子の甥[[ヒューイ・デューイ・ルーイ]]を大富豪の伯父[[スクルージ・マクダック]]に預けることにする。スクルージはかつて世界一の冒険家として名を馳せていたが、冒険をやめて既に10年が経っていた。ドナルドと何か因縁がある様子で、自邸にやってきた三つ子にも厳しく接する。軟禁され、暇を持て余していた三つ子の前に、変わり者の女の子ウェビーが現れる。ウェビーはスクルージ邸の家政婦、ミセス・ビークリーの孫娘で、同年代の友達が全くおらず、やってきた三つ子を見て大喜びする。4人はスクルージの倉庫へ暇つぶしに行くが、そこでスクルージが冒険で手に入れた財宝の呪いを解いてしまうなど、騒ぎを起こしてしまう。スクルージはその解決に奔走する中で冒険の楽しさや家族の大切さを思い出し、三つ子やドナルドと共に暮らすことにする。同時に、ドナルドはかつてスクルージの冒険のパートナーだったことも明かされた。(#1・2)
 
デューイは、倉庫の絵画にスクルージ、ドナルドに加え、まだ見ぬ母とおぼしき女性(デラ・ダック)が描かれているのを見て、ウェビーと共にデラ失踪の謎を解き明かそうとする。2人が邸宅の書庫でデラのことを調べると、「セレネの槍」が深く関わっていることを知る。最初は2人だけでその秘密を追うが、最終的にはヒューイ、ルーイもそこへ加担する。一方、ウェビーはふとしたことから年上の女の子リナと親友になり、邸宅へ招き入れる仲となる。ところが彼女は闇の魔女でおばのマジカ・デ・スペルに取り憑かれており、行動を制限されていた。マジカもまたスクルージと因縁があり、2人の友情を利用して彼が持つ幸運の[[10セント硬貨 (アメリカ合衆国)|10セントコイン]]を奪う機会を狙っていた。(#3・5・11・22)
 
ある時、スクルージは三つ子とウェビーがデラの謎を追っていたことを知ってしまい、真相を語る――10年前まで、スクルージはドナルド、デラと共に冒険して回っていたが、世界中行き尽くした3人は宇宙を目指すことにする。デラはもうすぐ産まれてく卵から孵る子供達に星を贈りたいと考えていたが、ドナルドは危険だと反対していた。見かねたスクルージはサプライズで「セレネの槍」と名付けたロケットを造り、それを出産祝いにしようとしたが、これを知ったデラは無断で飛び立ってしまう。スクルージはデラの性格から無理に止められずにいたが、そのまま行方不明になってしまった。これによりスクルージとドナルドは険悪になり、残されたデラの子供達はドナルドが世話をすることになった――。これを聞いた三つ子は、母を失ったのはスクルージがデラを無理にでも止めなかったせいだと考え、非難する。口論の末、スクルージは再びドナルドらと険悪になり、自邸で独居する。(#23)
 
15年前、マジカはスクルージの10セントコインの力に目を付け、手に入れるべく彼と対峙したが、逆にコインの中に封じられてしまう。その際、自分の影からリナを創り出し、スクルージに復讐をするためのスパイとしてこの世に遺していた。そして今、彼が家族を失ったことを知ったマジカは、リナを操ってコインを奪い、自身の肉体を解放する代わりにスクルージをコインに封じた。一方、三つ子たちは、ミセス・ビークリーからスクルージが破産寸前になるまでデラを捜索し続けていたことを聞き、スクルージとの和解を決心する。家族の働きによりスクルージは解放され、マジカは魔力を失い敗走する。ウェビーを守るためにマジカに反逆したリナは消されてしまった。(#24・25)
 
=== シーズン2 ===
デラは無事だったが、怪物の妨害でセレネの槍を直せず月で10年が経つ。月の[[将軍]]ルナリスと[[中尉]]ペナンブラから月の住民もその怪物に脅かされてきたことを知ったデラは、持ち前の優しさで怪物と和解する。ルナリスはデラが平和をもたらしたを称えてセレネの槍の修復を助けるが、ペナンブラはデラを地球人が月を侵略するための先鋒と思い込み敵視する。一方、デラは月の住民たちはデラの思い出話で地球に憧れと交流抱き深めデラといつか一緒に地球へ行こうと約束する。やがて修復は完了するが、ペナンブラはデラ一人を無理矢理地球に送る。デラは起ち際にセレネの槍の設計図をペナンブラに手渡し、ロケットを造って住民願い約束を叶えるよう伝えた。彼女はデラの優しさが本物だったことに気付くが、ルナリスは住民たちにデラは裏切り者であると嘘を教える。ペナンブラが突如豹変したルナリスを問いただすと、地球を恐れるばかりでなくこちらから先制攻撃をする必要がありべきで、そのためには住民に地球人への憎悪を煽る必要があるのだと言う。(#32・36)
 
ドナルドが子育てに疲弊する姿を見たスクルージ達は、彼に二週間の[[クルーズ客船|クルーズ旅行]]を贈る。ドナルドはその出際にセレネの槍が着陸するのを見て駆け寄るが、デラをすうちに誤って月へ飛び立ってしまう。デラは既に一人で脱出しており、いたデラはスクルージとの再会を果たす。最初は初めて会う息子や家族の変化に戸惑うが、母親としての振る舞いを模索しながら、家族に溶け込んでいく。一方、リナは影の世界から密かにウェビーを見守っていた。ウェビーはリナ復活を模索するうち、図書館で同年代の女の子バイオレットと出会う。実はバイオレットはマジカの杖が変化したお守りを拾得しており、これによりリナは復活し、3人は親友となる。(#37・#39)
 
ドナルドは月で囚われるが、ペナンブラと共に地球侵略の全貌を知る――ルナリスは、地球侵略の最大の障壁となるのはスクルージであること、彼の力の源は三つ子であることを独自の調査で知っており、三つ子の命を狙う計画を立てていた。ところが月に地球へ行くほどの技術はなく、デラに対し人格者を装うことで宇宙船の技術を手に入れようとした――。家族の危険を知ったドナルドはルナリスと対峙するが、揉み合いのうちに月のロケットで飛び立ってしまう。(#42)
月に着いたドナルドが囚われた先には、ルナリス将軍による地球侵略の全貌を耳にする。これを聞いたドナルドは通信機を使ってダックバーグに危険を知らせようとしたが、ルナリス将軍に通信機を粉砕された。そして自分の甥っ子を地球侵略のエサにすると聞き、そのショックで溜まりに溜まった怒りが爆発した<ref>彼のセラピスト曰く、彼が本当に怒るのは、本当に家族を守るという強い意志</ref>。ペナンブラの助けにより、地球へと帰還することができた。だが、不時着した場所はダックバーグではなかった。一方、ダックバーグにはハリケーン「エルパト」が近づいていたので、ダックファミリーは準備をしていた。その時ルーイがタイムタブを弄ったことで時間の渦が発生し、「タイムフーン」へと融合してしまった。それにより、さまざまな時代からの住人がやって来た。起こしてしまった騒ぎをなんとかしようと思っていたルーイは、自分が盗んだあらゆる時代の宝を元の時代に戻そうとしたが、弄りすぎたあまりに、周りにいたダックファミリーもタイムトラベルに巻き込んでしまった。唯一取り残されたルーイの活躍により、なんとか事件が解決されたが、母のデラに外出禁止を命じられた<ref>彼女はこれまで母親としての振る舞いに悩んでいたため、息子たちのしたこと全てを許してきたが、ミセス・ビークリーのアドバイスや前科が故の事の重大さにより、初めて息子を叱ることを選んだ</ref>。ファミリーは皆過去に送られたようだが、その中でランチパッドのみが「世界が終わる日」つまり未来へタイムスリップしたという<ref>世界が終わる日に備えて、スクルージは「金の成る木」を開発し、北極に保管した</ref>。(#3・#11・#29・#34・#39・#42・#46・#49)
 
スクルージはグロムゴールドと「期限までに財産が多かった方が相手の全財産をもらう」という賭けをしていたが、勝ち目がないと悟ったグロムゴールドは、マジカを始めとするスクルージの天敵達に助けを求める。一方、ルーイは金儲けのために家族を危険に曝したことでデラから外出禁止を命じられていた。これに反発したルーイはグロムゴールド達に加担し、全員の財産をグロムゴールドに譲渡させることで彼を勝たせる。ところがルーイはわざと書類に不備をつくり、その財産を全て自分のものにする。(#46・47)
外出禁止になってしまったルーイの前に現れたのは、マジカ…いや、フリントハート・グロムゴールド率いる今まで出会った敵たちだった。グロムゴールドはスクルージを倒すために、自分の社を駆けた勝負を申し込んだそうだ。実はグロムゴールド以外の財産も加算させたため、それによってスクルージは、初めてグロムゴールドに敗北した。だが、ルーイの誓約書により、グロムゴールドたちが財産を全てルーイに譲り渡すこととなった。結果的にはスクルージの勝利。だが、ルーイは、新しい世界一金持ちのダックとしてルーイ・インクの社長をはじめた。<ref>だが、その「世界一金持ちのダック」という称号に引き寄せられたモンスターに襲われることとなる。</ref>それによりスクルージは(ダイムを除いて)一文無しとなり、再び、靴磨きの仕事を始める。そして、世界一金持ちのダックとしての大変さを学んだルーイは、称号と今ある財産をスクルージに返し、モンスターの汚れた靴を共に磨いた。一方、デラはドナルドの船で物を漁っていると、電波を拾った。それは、月のペナンブラからの危険の知らせだった。(#1・#2・#3・#4・#5・#17・#21・#26・#27・#34・#47・#48)
 
== キャラクター ==
;[[ドナルドダック|ドナルド・ダック]](Donald Duck)
:声 - [[山寺宏一]] / 英 - [[トニー・アンセルモ]]
:三つ子の伯父で育て親。心配性で過保護な性格からしばしばスクルージと対立する。従来のシリーズ同様に短気で怒りやすく、とにかく運が悪いが決して諦めない根性を持っているなど、旧版よりオリジナルに近い設定になっている。旧版では数話のみの登場だったが、本作ではレギュラー出演している(ただし登場回数はそれほど多くない)。本作では1話で就職面接を受けたフリントハートから支給された白の帽子と黒の水兵服<ref>コミックシリーズと同じ服装。</ref>を着ており、他作品でも見られる青い水兵服姿は1話の冒頭や回想のみに登場する
: 以前は双子の姉<ref>本作で姉であることが友人であるストークレスの口から明らかになった。</ref>デラや共にスクルージと冒険していたが、デラが行方不明になったことをきっかけに、一時期スクルージと疎遠になっていた。第1話時点では港に係留した船で三つ子と共に水上生活を送っていたが、デューイがエンジンをかけっぱなしにしたことで半焼してしまい、現在はスクルージ邸のプールに船を置いてもらっている。スクルージ邸ではよく自分勝手な振る舞いをし、その度にミセス・ビークリーから叱責を受けている。
: 本作ではフリントハートから支給された、コミックシリーズと同じ白の帽子と黒の水兵服を着ており、お馴染みの青い水兵服は1話の冒頭や回想のみの登場。
: 余談だが、クリスマスでは毎年、とあるセーターを着ている<ref>子ども時代にデラから貰ったセーター。原語版の声優はルシー・テイラー氏だった</ref>。
: 以前は双子の姉<ref>本作で姉であることが友人であるストークレスの口から明らかになった。</ref>デラや共にスクルージと冒険していたが、デラが行方不明になったことをきっかけに、一時期スクルージと疎遠になっていた。第1話時点では港に係留した船で三つ子と共に水上生活を送っていたが、デューイがエンジンをかけっぱなしにしたことで半焼してしまい、現在はスクルージ邸のプールに船を置いてもらっている。
;[[ヒューイ・デューイ・ルーイ|ヒューイ・ダック]](Huey Duck)
:声 - [[代永翼]] / 英 - [[ダニー・プディ]]
:本名は同じくヒューバート。赤い野球と赤い半袖シャツがトレードマーク。弟達より三秒早く産まれた三つ子の長男。なんでもきちんとや原始ダックに関す論文を執筆するなど、優等生タイプのしっかり者で、ややオタク気質である。ボーイスカウトの指南書「冒険少年クラブ(ジュニアウッドチャック)・ガイドブック」を持ち歩いている。
: 他の2人と比べ、性格は旧版の三つ子に性格が一番最も近い他の二人に比べてあまりイタズラをすることがあまりない。しかしが、几帳面過ぎる性格が災いすることもある。ギズモダックの大ファン。
;[[ヒューイ・デューイ・ルーイ|デューイ・ダック]](Dewey Duck)
:声 - [[永塚拓馬]] / 英 - [[ベン・シュワルツ]]
;ミセス・ビークリー(Mrs. Beakley)
:声 - [[品田美穂]] / 英 - [[トックス・オラグンドイ]]
:名前はベンティナ。マクダック邸のハウスキーパーで、執事や子守などのあらゆる仕事を任されている。旧版以上にルールにとてもうるさいが、常にクールな頼もしい存在。デザイン上も旧版の肥満体型から、筋肉質な体型へと変更されている。過去にスパイだった経歴があるらしく、知的な上に高い戦闘能力を持っており、局長を務めるドレイク教授<ref>従来同様[[沢りつお]]が声を担当している。</ref>からの紹介でスクルージとは当時のスパイパートナーでもあった
: 過去にスパイだった経歴があるらしく、知的な上に高い戦闘能力を持っており、局長を務めるドレイク教授<ref>従来同様[[沢りつお]]が声を担当している。</ref>からの紹介でスクルージとは当時のスパイパートナーでもあった。
: 「ダークウィング・ダック」の大ファンであるランチパッドの影響で、彼女もこれにハマる。
;[[ランチパッド・マクワック]](Launchpad McQuack)
:声 - [[田中進太郎]] / 英 - [[ベック・ベネット]]
:飛行機"サンチェイサー<ref>ドナルドとスクルージと旅をしていた10年前、デラは“クラウドスレイヤー”と呼んでいた</ref>"のパイロット兼スクルージの運転手。なんでも運転できるタフガイでジョークが大好き。ただし旧版同様天然で少し抜けており、すぐに墜落して大惨事を起こすこともしばしばで、給料は全てその修理代で消える。マクダック邸のガレージに住んでいて、テレビドラマのヒーロー「ダークウィング・ダック」の大ファン。デューイを親友だと思っている。今まで車を無免許運転しており、11話で取得した免許証によると1987年9月18日生まれ。
: 旧版ではスクルージを「大将」と呼んでいたが、本作では「旦那」と呼び、丁寧語を使っている。旧版ではスクルージの運転手をしていたダックワースのポジションも担当している。
;デラ・ダック(Della Duck)
:声 - [[岡村明美]] / 英 - [[パジェット・ブリュースター]]
:ドナルドの双子の姉で、三つ子の母親。一度やると決めたら最後までやり遂げる性格。ドナルドやスクルージと共に“クラウドスレイヤー<ref>ランチパッドが乗っている“サンチェイサー”</ref>”に乗って数々の冒険を経験してきたが、スクルージが建造したロケット「セレネの槍」に無断で乗り込み、準備不足のまま飛び立ったことで月から戻れなくなった。月に不時着した際の事故が原因で左足を失い、義足を付けている。当時息子たちは誕生直前だったが、その姿を見ないまま10年に渡り月面生活を送ってきた。
:後に月の住民の協力によりセレネの槍を修復し、地球に帰還する。それからすぐの間は母親としての立ち振る舞いに悩むが、最終的には家族として馴染むことができた。息子にはそれぞれジェット(ヒューイ)、ターボ(デューイ)、レベル(ルーイ)と名付けようとしていたが、誕生時に不在だったため、ドナルドが名付けた。
:月に行く前はランチパッドではなくデラが飛行機を操縦していた。現在ランチパッドがサンチェイサーと呼んでいる機体も、元々はデラが「クラウドスレイヤー」と呼んでいた。
;ジャイロ・ギアルーズ(Gyro Gearloose)
:声 - / 英 - [[ジム・ラッシュ]]
;クアックファスター(Mrs. Quackfaster)
:声 - / 英 - [[スーザン・ブレイクスリー]]
:マクダック庫で司書長年守ってき務める女性。旧版でのフェザービーにあ管理人。職務に忠実で書籍や書類の整理が得意だが、時々意味のわからないことを発声したり、暴走したりする変わり者のひとり旧版でのフェザダックバビーにあたグ図書館の司書も兼任している。
;ダックワース(Duckworth the Butler)
:声 - [[佐々木薫]] / 英 - [[デビッド・ケイ]]
:スクルージの忠実で優秀な執事。旧作と違い既に逝去しているが、現在も幽霊の姿でマクダック邸に常駐し、スクルージのピンチに駆け付ける。スクルージの誕生日会にて、ビーグルママの息子の一人であるブラックアーツ・ビーグル<ref>スクルージをマジックショーに参加させ、霊魂を呼んだ。その霊魂がダックワースだった。</ref>によってあの世から物質世界に呼び出された。そして自分が幽霊であることを利用し、三つ子が招待した悪党達を追い払った。ドラマティックな演出も御手の物。
:遅くともデラが月へ行くまでは存命で、回想場面やスクルージがタイムトラベルで過去のクリスマスパーティーを訪れたシーンでは喋っている。
 
=== 周辺人物 ===
 
;グラッドストーン・ガンダー(Gladstone Gander)
:声 - / 英 - [[ポール・F・トンプキンス]]
: マクダック邸からとある杖を取った。それによりバッバは、マクダック一族のとある要因となる。
 
;フェントン・クラックシェル・カブレラ(Fenton Crackshell-Cabrera)
=== その他 ===
:声 - [[宮本隆之]] / 英 - [[リン=マニュエル・ミランダ]]
:無給でジャイロのインターンをしているドジな青年。旧版ではスクルージの会計士だったが、本作では職業が異なり羽の色も違っている。警察官の母親<ref>旧作では母親はテレビばかり見るニートであった。</ref>と二人暮らし。
: 人々の役に立つ発明をしたいと思っているがうまくいかないことが多々あり、何度かクビにされかけている。トイレを研究室にされている。とある一件から、ジャイロが開発したロボットスーツを着てスーパーヒーローのギズモ・ダックに変身するようになる。
:旧版ではギズモ・ダックはロボダックと翻訳されていたが、本作では原語版と同じ名前になっている。本作のギズモ・ダックのスーツは音声認識で様々な機能を使い分け、起動パスワードは「戯言を言うたわけ者」。正体を知っているのはスクルージの他に新たにその場にいたデューイとランチパッド、そして勘付いたジャイロ<ref>旧作ではフェントンだと知っている描写がなく、特にリマスター版のゲーム版ではスクルージからジャイロは気づかないと発言から知らない様子。</ref>が加わった。
; リナ・デ・スペル(Lena de Spell)
: 声 - / 英 - [[キミコ・グレン]]
:少し影があるクールな女の子で、ウェビーにとって初めての同性の友達。紫色の宝石でできたペンダント状の魔法のお守りを持ち歩いている。元々はマジカがスクルージに復讐するためのスパイとして動き、常に行動を制限されていた。
:マジカからの自由を条件にウェビーに近付くが、彼女に友情を感じるようになり、マジカがスクルージと対峙したときにはウェビーを守る。
 
; バイオレット(Violet Sabrewing)
: 声 - / 英 - リブ・ベアアー
: オカルト好きで変わり者の女の子。図書館でウェビーと出会い、すぐに打ち解ける。リナの魔法のお守りをダックバーグの砂浜で拾い、ずっと持っていた。
 
=== 敵 ===
 
;フリントハート・グロムゴールド(Flintheart Glomgold)
:声 - [[野川雅史]] / 英 - [[キース・ファーガソン]]
;ボイド・ドレイク(B.O.Y.D.)
:声 - / 英 - [[ニコラス・カントゥ]]
:マーク・ビークスにより作られた小型[[人造人間|アンドロイド]]で、一見するとビークスの実の子に見える外見をしている。正式名称は、「ビークス・オプティミスティック・ユース・ドロイド」。マークビークス<ref>ドゥーファス・ドレイクの誕生日会の土産を目当てとしていたらしい</ref>によって造られた小型ドロイド
:ビークスドゥーファスの誕生日会に出席し、彼の財産の一部をもらうために作られた。しかし会場でルーイがゴールディを助けたことのを見て家族よっつい自問自答するようになり、ドレイク家の養子及びドゥーファスの義理の弟になった<ref>ドレイク夫妻はボイドを大いに可愛がり、親らしい時間を取り戻しつつある。</ref>。
;ビーグル "ママ"(Ma Beagle)
:声 - / 英 - [[マーゴ・マーティンデイル]]
:声 - [[松川裕輝]] / 英 - エリック・バウザ
:ビーグル・ボーイズ "オリジナル"のメンバー。食いしん坊で太っていた旧版と違い、1番痩せ型でほとんど喋らず唸るだけ。なお、バギー・ビーグルは登場せず、他にも旧作にも登場しなかった多くの兄弟達がいる。
;フェントン・クラックシェル・カブレラ(Fenton Crackshell-Cabrera)
:声 - [[宮本隆之]] / 英 - [[リン=マニュエル・ミランダ]]
:無給でジャイロのインターンをしているドジな青年。旧版ではスクルージの会計士だったが、本作では職業が異なり羽の色も違っている。警察官の母親<ref>旧作では母親はテレビばかり見るニートであった。</ref>と二人暮らし。
: 人々の役に立つ発明をしたいと思っているがうまくいかないことが多々あり、何度かクビにされかけている。トイレを研究室にされている。とある一件から、ジャイロが開発したロボットスーツを着てスーパーヒーローのギズモ・ダックに変身するようになる。
:旧版ではギズモ・ダックはロボダックと翻訳されていたが、本作では原語版と同じ名前になっている。本作のギズモ・ダックのスーツは音声認識で様々な機能を使い分け、起動パスワードは「戯言を言うたわけ者」。正体を知っているのはスクルージの他に新たにその場にいたデューイとランチパッド、そして勘付いたジャイロ<ref>旧作ではフェントンだと知っている描写がなく、特にリマスター版のゲーム版ではスクルージからジャイロは気づかないと発言から知らない様子。</ref>が加わった。
; リナ・デ・スペル(Lena de Spell)
: 声 - / 英 - [[キミコ・グレン]]
:少し影があるクールな女の子で、ウェビーにとって初めての同性の友達。紫色の宝石でできたペンダント状の魔法のお守りを持ち歩いている。元々はマジカがスクルージに復讐するためのスパイとして動き、常に行動を制限されていた。
:マジカからの自由を条件にウェビーに近付くが、彼女に友情を感じるようになり、マジカがスクルージと対峙したときにはウェビーを守る。
;[[マジカ デ スペル|マジカ・デ・スペル]](Magica de Spell)
: 声 - / 英 - [[キャサリン・テイト]]
: 声 - / 英 - [[ランス・レディック]]
: 月の将軍。当初はデラに対し寛大な人格者として接するが、最終的に地球侵略のために利用する。
 
; ペナンブラ中尉(Lieutenant Penumbra)
=== その他 ===
 
; ペナンブラ中尉(Lieutenant Penumbra)
: 声 - / 英 - [[ジュリー・ボーウェン]]
: 月の中尉。当初はデラの優しい心に疑念を抱き、地球が月を侵略するための先鋒と考えていたが、徹底した優しさを見て彼女を信頼するようになる。
: 声 - / 英 - [[オミッド・アブタヒ]]
: 犬の戦士にして、魔神族<ref>厳密には、彼の九世の祖、つまりご先祖様の恋人がランプの魔神だったため、先祖がこれを解放し、夫婦となったという。</ref>の末裔。彼がダックバーグにやって来たのは、イフリートの夜明け<ref>スクルージ曰くなにも起きないと言われたが、実際は彼の誕生日</ref>迄にかつての冒険の知り合いであったスクルージにランプ<ref>彼の先祖の夫がそのランプの魔神だったので、彼はランプを盗んだビーグル・ママに「そのランプに“まだ”魔神がいると思っていたのか」と煽った</ref>を返してもらう約束があったからだ。
; バイオレット(Violet Sabrewing)
: 声 - / 英 - リブ・ベアアー
: オカルト好きで変わり者の女の子。図書館でウェビーと出会い、すぐに打ち解ける。リナの魔法のお守りをダックバーグの砂浜で拾い、ずっと持っていた。
;ジム・スターリング(Jim Starring)
:声 - / 英 - [[ジム・カミングス]]