「児玉誉士夫邸セスナ機特攻事件」の版間の差分

大物右翼のフィクサーと呼ばれていた[[児玉誉士夫]](当時65歳)は[[アメリカ合衆国]]の航空機メーカーのロッキード(現在の[[ロッキード・マーティン]])の秘密代理人として暗躍しており、[[全日本空輸]]にロッキードの旅客機を購入させるために政治工作(請託贈収賄等の疑い)した、所謂[[ロッキード事件]]の首謀者の一人であった。そのため、事件の中心人物と目され、[[衆議院]]で証人喚問がおこなわれるはずであったが、直前に病気を理由に出席しなかった。なお、児玉は脱税などにより[[3月13日]]に起訴されていた。
 
そうした中、[[東京都]][[世田谷区]][[等々力 (世田谷区)|等々力]]にあった私邸(南向き斜面にあ空中からも視認可能な豪邸である)で静養中の[[3月23日]]午前9時50分頃、[[ポルノ]][[俳優]]の[[前野霜一郎]]が操縦するPA-28-140型機([[機体記号]]:JA3551)が自宅に突入し爆発炎上した。この火災で児玉邸の2階一部が類焼し、[[家政婦]]が負傷したが、別室で就寝していた児玉本人は無事だった。
 
突入したのは東京都の[[調布飛行場]]を離陸した2機の内の1機で、直前まで機長とカメラマンら3人が搭乗した[[セスナ]]172M型機(機体記号:JA3732)と編隊飛行をしており、[[新宿]]上空でJA3551機の写真撮影を行っていた。その撮影を終えた帰途に突入したものであった。この機体の残骸から操縦士の遺体が発見されたが、[[航空事故]]ではなく覚悟の特攻という[[自爆テロ]]行為であった。この行為に対しアメリカのメディアは「[http://www.time.com/time/magazine/printout/0,8816,913985,00.html 最後のカミカゼ]{{リンク切れ|date=2019-12-14}}」などと報道した。