「タイ=ラオス友好橋」の版間の差分

m
→‎鉄道: 軌間について記載しました。
m (→‎鉄道: 軌間について記載しました。)
 
== 鉄道 ==
元々当橋は[[鉄道道路併用橋]]として建設されていたが、開通後15年を経て[[2009年]][[3月5日]]より[[鉄道]]<ref>[[軌間]]はノーンカーイ駅で接続する[[タイ国有鉄道]][[東北本線 (タイ)|東北本線]]と同じ1,000mmである。</ref>の乗り入れが開始され、タイの[[ノーンカーイ駅]]からラオスの[[ターナレーン駅]]まで6.15kmが開業し、[[タイ国有鉄道]]によって1日2往復の定期旅客列車の運行が始まった。現在のところラオスは鉄道車輛を所有していないので乗り入れ車輛はすべて[[タイ国有鉄道]]のものである。1日2往復という運行本数の少なさ、及びラオス側のターナレーン駅よりの他の交通便(バス等)の悪さにより利用者は道路利用者に比べ圧倒的に少ない。なお、鉄道列車が橋の上を通行している際には道路が封鎖され、自動車は一時的に通行止めとなる。
 
== 参考文献 ==